よっちゃん農場のドタバタ日記

「よっちゃん農場」の日常。
 ~いち農家から小さなブランド作りの奮闘記~~

リボーンアートダイニング。

2021年09月13日 | 農家の風景。

なんばん仕事も終盤戦。




今年は一味用に植えている「鷹の爪」、

そして初めて植えた中華イチ辛いという「満天星」が旺盛。

この2つは実が上向きに成る通称「空向きなんばん」と呼ばれる系統ですが、

天気に負けそうな品種もある中、今の所とても出来が良さそうです。


しめ飾り用に植えたモチ米も青刈りし、ここ数日天気が良くて乾燥もきれいにいきました。



週末は久しぶりに出かけてきました。Reborn Art Festival。


石巻・荻浜。


上のモチ米の田植えもお手伝い頂いたこうめ佐々木夫妻日本料理うすだのラキさんがゲストシェフということで、松村夫妻と食べに行きました。









地元の海と山、つながる生産者が伝わる美味しい料理で。

数日前にこうめ夫妻と用意した竹の器もビッと映えて良かった。

食材も、そんな山の素材も使って頂いてうれしゅうございました。

どれも秀逸でしたが、椀に、真薯と供に入った「竹之芯」に感動。

食感といい出汁のみで十分味わえた旨味。作り手ながら感激の美味しさ。

前にぬか漬けしたのをごちそうになったこともありましたが、

竹之芯をメンマと呼びたくないと言いつつ、

メンマ意識が強くなってたのは自分自身だと思い知らされます。

また今回も教わりました。

明日からまたがんばれます。


これが割干し発酵メンマ「竹之芯」です。

最近安定して売れるようになってきて、ありがたい。

ホワイトディアー、思ったよりは小さかったです。




大豆も今のところいい具合でしたが、シカがいたずらし始めたので、電柵設置。



周囲には試しに唐辛子を植えて防御してました。

苗のない角からの侵入だったので、唐辛子は効いているのかも・・・。



金木犀もほんのり香りはじめ、いよいよ稲刈りに突入です。







コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ずんだ作り。 | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

農家の風景。」カテゴリの最新記事