よっちゃん農場のドタバタ日記

「よっちゃん農場」の日常。
 ~いち農家から小さなブランド作りの奮闘記~~

よっちゃん鬼辛。

2019年08月31日 | 農家ブランド

久しぶりに猛暑。天気がいいと外で汗を流したくなります。


田んぼも稲刈り前の最後の草刈りに突入中。

一部は畦がイノシシ害でほぼ無くなってしまっている状態。困ったものです。

サム副隊長が奮闘しているものの、裏の畑は被害がひどくて今年電柵を設置。

他にも獣ネットで対策して余計な手間だけれどもやらないと被害が拡がるばかり。

田んぼが終われば竹林も大掛かりに対策する予定です。



なんばんも連日のように焼きまくり。

青なんばんを焼く香りは、我が家にとって夏の香り。

これで青臭みを消し、水分を飛ばし、風味を出します。

あと一ヶ月。まだまだ足りません。



今日はちょうど昼に終わったので、残り炭で牛タンと茄子を焼きました。

炭火最高です。





栽培して3年目。もともとはハンガリー原産のとうがらし。名前が長いので通称【よっちゃん鬼辛】と呼んでいます。

実は大ぶりで、支えをしてあげないと苗が折れるほど。

緑からオレンジ、赤と、辛味が猛烈になっていきます。

特辛よっちゃんに使っている唐辛子の一つで、辛味とともに肉厚でとても風味があるので

定番になりつつあるとうがらしです。







朝晩すっかり秋に向かいつつあり、猫も人肌が恋しいようです。
コメント   この記事についてブログを書く
« 飛び込んで見えるもの、拡が... | トップ | 気仙沼へ。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

農家ブランド」カテゴリの最新記事