よっちゃん農場のドタバタ日記

「よっちゃん農場」の日常。
 ~いち農家から小さなブランド作りの奮闘記~~

再開。

2011年09月28日 | 自営業

ごぶさたしてました。

もう9月も終わり。
例年であればまだ稲を刈らないはずが、
天候のおかげで田んぼがすすみ、急遽今週に前倒し。
あたり一面、コンバインだらけの岩出山。

うちでも1/5ほど刈り終え、乾燥機など、秋にしか使わない機械の試運転を兼ねていたら
こんな時間に。。。

コンバインはもう寿命かな。。。うちだけにあらず、アチコチでも同様な様子を見かけます。

ようやく乾燥機の借金払い終え、
作業場の米選機を中古とはいえ新調し、親父もホッとしていたのに。。。

う~む。



週末の日曜。道の駅にて「採ったばり市」をやります。
昨年も大行列が出来た新米まつりです。
在庫とお母ちゃん達のパワーが許す限りですが、

ひとめぼれ
ササニシキ
つや姫
刈りたてを100円で味わえます!

今日はその2度目の会議。

こなす。
というと聞こえは悪い。
本心からすれば、満足出来るまで煮詰めたい、という想いがあります。
が、大所帯の中、また今年はバタバタと忙しい中を削って詰めている。
それでもきっと、満足はしないとおもう。

何をしたいのか。

それを形にするには、仕掛ける側も同じ目線で居ないと煮詰まってはイカナイ。
今は「どうするか?」という煮詰める段階のレベルにも程遠い。
大所帯、世代も違う、関わりのスタンスも違う今の状況でそれをやるのか。
否、優先順位が違う。残念ながら。

それでも来てくれたお客さんには、純粋に楽しんでもらいたい。
スタンスがバラバラだろうとなんだろうと、迎える生産者はその気持でお迎えします!

今年は大変な惨事があった。
けれど、作れる農家は種を蒔き、実りの秋を迎える事が出来ました。
稲刈りが出来ました。とてもありがたいことです。
作り手の言葉として、親父や、ウン十年稲作をやってきた農家の、一番多く聞く言葉です。
「あんなごどあったげっとも…無事に稲刈りまで来たねやぁ~。今年も」

米どころの新米を食べに来てください!!





ここ半年。
あまりにも色々とありすぎて、たくさん考えて、多くの人と話してきた。
それで見えてきたのは自分の足元だった気がする。
これから、そして来年どう動くのか、
毎年のように繰り返してきた問いではあったが、
今度はいつもとは違う答えが出そうだ。
そうでなければ自分が納得出来ないとおもう。



今日から我が家、コタツ導入です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 活動限界。 | トップ | あー忙しい忙しい。 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ヒヨッコ)
2011-09-29 13:28:19
まず、採ったばり市を成功させよう!

利き米で最高に盛り上げるからさ♪

稲のウィニングローレル、期待します。

コメントを投稿

自営業」カテゴリの最新記事