よっちゃん農場のドタバタ日記

「よっちゃん農場」の日常。
 ~いち農家から小さなブランド作りの奮闘記~~

初・ハント!・・・のお手伝い。

2018年02月07日 | 農家の風景。


起きたら腰がヤバい。

ギックリ腰ではない感じだったけれど、午前の会議をちょっと早退けさせてもらい行きつけのえあいの郷整骨院へ行き、ぎっちりもんでもらった。

ここの先生はなんとなく相性がいい。今日も「MAX一歩手前です。よろしお願いします」と。

おかげさまで夕方になってだいぶ楽になって来た。

竹林前半戦今が佳境で山に行きたくてたまらないのでここで何とかとどめたい。


そんな夕方ハンター伊東さんから電話が。裏山に罠を仕掛けて2日。まだ掛からない。

周りにも痕跡がないと報告したら、状況を見に今から行くから、と。


待つこと30分。うっすら暗くなって来たのもあり、用事でも出来て今日は来れないのかな〜と思っていたら再び電話が。

「今お宅に向かう途中にイノシシ見かけて、1匹仕留めた!」

という連絡。ぜひ見に行かせて欲しいと応えて早速車を飛ばしました。



現場はちょうどうちの裏山、竹林を挟んだ反対っ側の道路沿いの谷。

先日やって来た相棒のおんちゃんが追い込み、ハンター伊東さんがライフル一撃で仕留めたとのこと。

沢下に逃げたところを撃ったので今年のこの雪深い中、私も含めて担いで上げるのか!



とドキドキしていると、ハンターコンビはロープと滑車を取り出して段取り。

スキーを履い伊東さんがその端を持って谷を降りて行く。その距離約100m。

相棒さんと私は夕方ピリピリ厳しくなり始めた寒さの中でひたすらじっと待つ。

長年タッグを組んできた相棒さんからしても伊東さんのライフルは見事な腕前だという。

「今日のもデカイぞー」と脅されつつ、身近に見るであろう生イノシシが怖いような楽しみなような変な感じ。




「よ〜し!ゆっくり引いて!」

という無線の合図とともに相棒さんがジムニーに乗り込みローブを引っ張る。

薮の中、邪魔になるものを切り避けながらなので止めたりしながら1時間近くかかってようやく間近に来た!

が、最後の細い竹の小藪が邪魔で上がらず3人で引っ張り上げることになり、暗い中でイノシシと初対面!



デ、デカイ!! 7〜80キロはあるであろうオスでした。





「オスは脂も無いし肉も硬でぇ〜がら美味くねんだよなぁ〜」

との事でしたが、食う食わないではなくってあっちからもこっちらかもじっくり観察するのに一生懸命でした。

「場所的に高橋くんの竹林にも行ってるヤツだな」

ということで、ウチの罠ではなかったですが、まず1匹駆除出来たと前向きに考えることにします。



さて、うちの罠に掛かるのはいつになるだろうか。。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 農ドブル。 | トップ | 猪。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

農家の風景。」カテゴリの最新記事