よっちゃん農場のドタバタ日記

「よっちゃん農場」の日常。
 ~いち農家から小さなブランド作りの奮闘記~~

まよったらマヨっちゃん。

2018年04月10日 | 農家ブランド


夕方になると薪ストーブを灯す日々。

あったかくなってきたなぁ〜という移ろいの中の寒さはよりしみる。




免許を取得する加工場ではなく、野菜の下処理をする一次加工の部屋を作ろうと作業場の一画を掃除中。

何かのタイミングで紛れたよっちゃんなんばんの前身「刻み麹なんばん」を大量に発見。13年もの。

さっそく開封して舐めてみると、相当に味が深い。

当時はもっと荒く刻んでいた、なんばんの辛味も消えていなく経年ならではのコクもあって美味しい。





竹はぎゅうぎゅうに混んでいるけれど、枯れ竹を片付けただけでも相当にさっぱりする。



帰りしな、畑に残った白菜から菜ばなが大量に出てきたので胸いっぱいに収穫。



軽く茹でて13年もののよっちゃんとマヨネーズで食べた。ブラボー。

葉物だけよりこういう茎も美味しい野菜はよっちゃんが合いますよ!



明日から今週も焼きおむすびやります。


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ナニガユタカナコトナノカ。 | トップ | 山菜は早いのか? »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なんばんクラシック再見 (魚柄 仁之助)
2018-04-13 16:42:40
刻み麹なんばん❢2005年に勾当台公園で買って東京でお披露目したのがこのボトルでした。高橋夫妻の13年間に改めて拍手!!
Re:なんばんクラシック再見 (tougarashi3)
2018-04-13 19:14:06
そうなのです!まさにあの寒い勾当台公園に想いを馳せておりました!
感謝感謝でございます。

通常出荷版と差別化して「じっくりよっちゃん」も並行して作っていこうと思います!

コメントを投稿

農家ブランド」カテゴリの最新記事