よっちゃん農場のドタバタ日記

「よっちゃん農場」の日常。
 ~いち農家から小さなブランド作りの奮闘記~~

命日。

2018年03月03日 | 自営業

本日は気持ちのいい晴天。





地元スコーレハウスでのコンサートスタッフの方々からご注文頂き、週の締めのお弁当仕事。



ありがとうございました。

今週は焼きなんばんをご飯にのせてたら早速リアクションもあり、

もっと作っている加工品も繋げられるようなお弁当にしたいものです。

どうしても、なんばん商品が主力なので苦手な方が居たら、、、と遠慮しちゃいます。





今日は「よっちゃん農場」の由来でもある亡き母の命日。昼に家族で御墓参りに行きました。

いつもお弁当には「定番でしょ!」という事で玉子焼きを入れています。

使用率99%は同級生が経営するふるさと地鶏会の有精卵

母親は先代社長の元でずっと働かせて頂いていて、私も食えるようになるまで、

アルバイトでこの卵の宅配仕事をさせてもらって助かりました。

初めての餌やりでハウスに入った時、100羽を超える鶏が一斉にこっちを見てギョッとした記憶は今でも鮮明です。


一緒に卵宅配部門をやっていたのが今うちの裏の竹林でワナを仕掛けてもらってるハンター伊東さんの奥様です。

今でもそうやって小さな地域の中のご縁の中で暮らしています。

亡き、初代よっちゃんが「農産加工」という選択肢に目を向けなければ自分は今よっちゃん農場をやっていたか?

そもそも農業に興味を持っていたか?

竹林に興味を感じて気持ちよく間伐に汗を流していたか?




お墓に手を合わせながらそんな事を思った、15回目の命日でした。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 超暴風でベッコリ。 | トップ | 間伐終了。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

自営業」カテゴリの最新記事