よっちゃん農場のドタバタ日記

「よっちゃん農場」の日常。
 ~いち農家から小さなブランド作りの奮闘記~~

投票&ひふみよマルシェに行ってきた!

2013年07月21日 | 自営業

テンパリラッシュの大トリ!

朝から早起きして色々準備して発送準備も済ませて出発!

投票にしっかり一票!

こんなに人が居るんだから意見は違って当たり前。

行かないで文句をいうのは最もキライなので、選択には迷いましたが現時点での自分の意思を投じて来ました。



で、海山クロダさんをひろって仙台へ。

久しぶりにひふみよマルシェに参戦して来ました。




正直、厳しかった!

が、仲間が頑張って運営してるので、に加え、

何かを始める立ち上げる、、この楽しさも苦しさも私なりに経験してきました。

それが皆の顔にしっかりと刻まれていたので、応援の気持ちも含みつつ参戦。

目指す理念、目の付け所は大いに共感できる企画でもあるし「エエトコ取り」という参加はなるたけやっぱりやりたくないんだな。

ほんでも行けばいいご縁を頂くもの。

よっちゃんも結構立ち止まって新規で手にとってくれた方もおりました。

そんで海山ブースもボチボチ。

中で印象深かったのが、自身も震災で全部失ってしまい近所の仮設で暮らしてる奥様。

まず、「なにこれ!新聞で出来てるの!?素敵!」と止まってくださり、

取り組みの話に共感でお買い上げ下さいました・・・がこれで終わらず、

用達が終わってまた、そしてまた、と何度もリピート下さりました!

とてもうれしかった。。。。けれど、話している中での現実の言葉は印象深かった。



「天災だから誰を恨むでもなく、流されてしまったのは仕方がない。

 当初は知らないもの同士でも”この状況を乗り越えよう”と仮設の雰囲気は穏やかだったの。

 でもね、仮設の中でも、落ち着いてきて先の見通しが見えない今の状況が続いてくると、、、、


 色々と嫌なことも増えてくるわねぇ・・・」



そんな方々が気晴らしに来れる場、マルシェになればね、大いに意味はある。

仕事との兼ね合いもありますが、出れるときには叉行きます!


明日は、夜までは休みます!
コメント