toty日記

toty日記です。感想などいただけたら、喜びます。最近mixiに参加、気軽に声をかけてください。

奈良・京都の旅8-ちょっとした事件

2019-12-08 23:50:45 | 奈良・京都の旅
写真を見て頂くと、多分一目瞭然。
靴が大けがで、包帯状態。

二上山の山頂から降り始めた所で、靴がぱっくり口を開けた。

左足の靴底の前半分の接着部がはがれ、
歩くたびに、靴底がぺらぺらと動く。

歩きにくいなんてものじゃなく、
どうしよう? ひもで縛ろうかと思いつつ
靴底がとれた旨みなさんに伝えて、小休止。

そこは、普段から歩きなれている皆さん。
それぞれのザックから、ある方は紐を、ある方は結束バンドを

ある人はタオルを取り出して、縦方向に裂き、
縄になって紐を結い、
がんじがらめに靴をしばってくださった。

結束バンドを絞めた所に、紐を通しそれを足首にまわして
結束バンドが前にはずれないようにしてくれた。芸が細かい。

左が壊れたら、右もきっと壊れると、
左右両方の靴を縛り付けてくれて、写真のように出来上がった。

もう大丈夫と、歩き出す。

口々に、山に行く前は、靴を折り曲げてみて
経年劣化で壊れてないかを、確かめるのよ!とか、

いつも、結束バンドを四組八本持ち歩いているのに
今日は二本しかもってなかったわ、とか、

今回来なかったNさんだったら、そういう時に役立つ道具を
必ず持ってたのにね、とか、言ってくれる。

いつも夫が山へでかけるのを留守番で過ごしていて、
山の道具もすっかり古くなっていたのに、

気づけなかった落ち度に少ししょんぼり気味だったら
私も去年やったのよ、とか

昔やったことがあるとか、経験者もいて、
ちょっとほっとした。


ところが、歩くうちにきっちり締め付けすぎたか
今度は、足がしびれてきた。

が、麓まではどうにかこうにか歩き終えた。
(近鉄南大阪線「二上神社口」駅着)


歩いていた時は、麓についたら、履物屋を探して
なんでもいい、靴を手に入れて、
履き替えてすっきりと歩くことを考えていたのだが

電車が来たので乗ってしまった。

こんな靴の状態は恥ずかしいと思っていたのだが
電車に乗ったら乗ったで、だれも人の足元を見ないということに気づいた。

じゃ、このまま大阪まで行って、
誰かがスマホに「大阪・石井スポーツ」と話しかけて
検索で探してくれたお店で買えばいいかという気になった。

つい最近、石井スポーツはヨドバシカメラに併合されたことを
知っていたのでヨドバシカメラのビル(なんと大阪駅に隣接)に直行。

靴がぱっくりとれてしまってこの状態、とお店の人に見せて
似たような靴をとお願いして、無事購入の羽目となった。

この日の教訓。
誰も人のことなんか、見ちゃいない!


新幹線に乗る方、飛行場に向かう方、関西の知人に会う方と
それぞれの帰り方に合わせて、それぞれが乗り換えごとに減って行って

最後は我々夫婦だけになった。

今回、我々は植村直己冒険館に行く予定だったので
皆さんと別れ、別行動となったのだ。

大阪駅から福知山線に乗って、福知山経由豊岡行き。
途中から単線運転になり、交換する列車との待ち合わせがある。

なんでも、交換する列車が、
鹿とぶつかって遅延している旨のアナウンスが入る。

そんなこともあるのかと、驚きながら長岡着。

そうそう、二上山の下りの写真も。
大津皇子(おおつのみこ)の墓がある。

なんでも謀反の疑いを受け悲劇の皇子なんだそうな。
後から調べてみようと思った。



(続く)

人気ブログランキングへ
奈良・京都の旅8-ちょっとした事件! クリック!


おかはんをよろしく、ブログもあります! クリック!

コメント   この記事についてブログを書く
« 奈良・京都の旅7-二上山 | トップ | 奈良・京都の旅9-植村直己... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

奈良・京都の旅」カテゴリの最新記事