toty日記

toty日記です。感想などいただけたら、喜びます。最近mixiに参加、気軽に声をかけてください。

スイス・オーストリア旅行 その8

2006-08-30 21:28:44 | スイス・オーストリア旅行

リヒテンシュタインを出て、
西部のチロル地方からオーストリアに入る。

一度高速を降り、
アールベルグパスに登る。標高1802mで
今にも雪が降りそうな天候、



峠を越すと、サン・クリストフ。
実は、35年前の冬、ここにスキーに来たことがある。
10数人のツアーで、ここの国立スキー教師養成学校の
講習を受けたのだった。



ちょうど、お昼時だったので、

レストランに入り、夏の風景をみながら食事をする。
ここのスパゲッティはおいしかった。

店内に古い写真が一杯飾ってある。
支払をする時に、
「35年前に、ここでスキー学校に参加したことがある。」と、話す。

そして、あることを思い出し、
「ハンネス・シュナイダー(国立スキー教師養成学校の初代校長)を
知っているか?」

と話すと、女主人が
「Of course!」と答える。
「彼は、私の大叔父だ。」

というので、
「実は、私の母は、彼が日本にスキーを教えに来たとき
習ったのだ。」といったら、

びっくり、喜んでくれた。
ああ、母と来れたらよかったなと、一瞬思う。



後日談だが、帰国して、母にその話をしたら
たまたま、母の妹二人が同席していて、

ハンネス・シュナイダーがきた時、
ドイツ国歌のメロディーで、シュナイダーを迎える歌を
歌ったねという話になり、

3人で歌いだした。
3人合わせると、歌詞もそろい、
覚えているもんだね、という。

昭和4年のことだから、
母が、小学3~4年、一番下のおばは、まだ5歳くらい。

母が学校で覚えてきた歌を家で何回も歌ったのだろう。
学校にいってなかったのに、歌だけ覚えていると、笑う。

そんな歌が、あったとは、知らなかった。


(大叔父さんが、ハンネス・シュナイダーという女性が
いた、レストラン)

サン・アントンから、また高速に乗り、
インスブルックを経て、途中また、ドイツに入り
ザルツブルグへ。



ザルツブルグの宿は決めてなかったので
駅にあるインフォメーションセンターで
適当な宿を探す。



こちらが示した値段に見合うのは、
ちょっと町外れ、またまた、318番の部屋、
つまり、4階。またもや、エレベーターなしで
えっちら、おっちら。


(ザルツブルグの駅構内)

ここは、ベッド数が多い宿で、
宿のご主人と話す雰囲気は余りなかった。



近くに飲み屋はあっても
手頃なレストランはなく、しばらく歩いて
やっとピザ屋さんにたどりつく。

またもや、日本でいえば、Lサイズが一人分で
出てきた。

周りの人は、一人で一個平らげているが
半分を箱にいれてもらって、持ち帰る。


(ホテルの裏の、同じ経営のホテル(らしい))


さてさて、旅も後半! クリック!

(8月30日記)
コメント (7)   この記事についてブログを書く
« スイス・オーストリア旅行 ... | トップ | スイス・オーストリア旅行 ... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
すご~い♪ (ねこひげ)
2006-08-31 02:26:56
サン・クリストフ、美しいですね☆



シュナイダーを迎える歌、今でも歌えるなんて、

お母さん姉妹さん、すごいですね!



totyさんにも、そんなエピソードありそう♪



ドイツ国家 (HAKKA)
2006-08-31 09:25:06
歌詞は忘れましたが読んでいるだけですぐにメロディが出てきました。

お母様・姉妹さん歌詞もすらすらと・・・

歌の力って凄いですねー
お母様も (まーにゃ)
2006-08-31 10:54:03
皆さん国際的ですね、ツアーで忙しく廻る外国しか縁の無い者には何気ない会話に英語が混じるtotyさん憧れます。

歌は忘れないのですね、サンクリストフで日本との縁が語られ素適なお土産話が・・

山の麓に白壁の家・近代的な建物も・外国で行き当たりバッタリに宿をなんてすごい、ビックリの連続です。終わりのホテル屋根と花・ブラインドがコーディネートされている
旅行記 (tamakiti)
2006-08-31 17:19:49
totyさんの旅行記を見てると、ユーミンの「水の影」という曲がBGMに聴こえるような気がします。

たとえ異国の白い街でも♪

風がのどかなとなり街でも

私はたぶん同じ旅人

遠いイマージュ水面に落とす・・
その8 (toty)
2006-09-01 12:09:58
★ねこひげさん

歌って、不思議ですね。

母の小学生時代を

思い浮かべ、おばの様子も思い浮かべ

何故か、おかしくなりました。



★HAKKAさん

この歌のあと、

国歌の話になり、

母達は、インドネシアの国歌を歌っていました。

対抗して、私は印度国歌を歌いました。

玉川は、良くお客様の国の歌を歌いましたね。



★まーにゃさん

話しかけるのに、躊躇がないとはいいませんが、頭の中に、言いたいことがたまってくると、口にでます。



行き当たりばったりの旅。

結婚してアメリカに行き、

車にテントを積んで、気にいったところで泊まった経験が、気楽にできる習慣になったのかもしれません。



★tamakitiさん

今日のtamakitiさんは、

いつもと、ちょっと違うみたい。



「水の影」知らないので、

いつか、聞いてみたいと思います。
??? (ゆず彦)
2006-09-01 12:17:59
このお母さんとはおおはるさんのこと?



スキーの映画に出たのはお舅さんですよね?



すごい!スキーの歴史そのものの様なご家族ですね。
スキー好き (toty)
2006-09-05 19:15:26
★ゆず彦さん

ここに登場するのは

おおはるさんです。



たまたま、スキー好きな家族が

集まった感じなんですが、

よく考えると、ちょっと凄い?!

コメントを投稿

スイス・オーストリア旅行」カテゴリの最新記事