goo

風立ちぬ


監督 宮崎駿
出演(声) 庵野秀明、瀧本美織、西村雅彦、野村萬斎、大竹しのぶ、風間杜夫

 今まで何度も引退宣言をしては、新作を創ってきた宮崎監督。この作品を観て、今度は本気だと思った。宮崎さん、この作品で本当に自分がやりたいことを思う存分にやったのではないか。商売っ気抜きで、エンタメ性を極力そぎ落とし、自分のイメージ・テーマを追求したのではないか。
「空を飛ぶ」これは、宮崎監督がずっとこだわってきてテーマでありイメージではないか。「風の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ」「魔女の宅急便」「紅の豚」などなど。宮崎監督の作品には必ず「空を飛ぶ」シーンがある。
 と、いうわけで宮崎監督が引退作品に、空飛ぶメカ=飛行機創りに情熱を燃やす男を主人公にしたのは必然だろう。
 主人公は、当時としては世界最強の戦闘機、零式艦上戦闘機の設計者堀越二郎。宮崎作品では初めての実在の人物が主人公。この二郎が三菱で飛行機の開発設計に情熱をそそぐ。そのことをそのまま映像化すれば「プロジェクトX」になるかも知れない。かの宮崎さんがそんなバカなことをするはずがない。ここで二人のキャラを登場させることによってロマンチックな物語へと昇華させているわけだ。
 まず、令嬢菜穂子。関東大震災の時に出会って、その後信州の避暑地で再会。後に二郎の妻となる。結核を患い、先は長くない。この菜穂子と二郎の純愛物語が二郎を飛行機だけを考える飛行機オタクではなく、情感豊かな青年と表現している。
 そして、イタリアの飛行機設計者カプローニ伯爵。二郎はカプローニには会っていない。少年のころ飛行機雑誌で見かけただけ。カプローニは二郎に夢の中で「飛行機は戦争の道具ではない。それじたいが夢なのだ。美しいモノなのだ」カプローニはいわば二郎にとって心の師なのだ。このカプローニの存在によって、二郎が創る飛行機という機械に、夢とロマンを与えている。
 堀越二郎の代名詞ともいう零戦は最後にほんの少しだけ出てくる。それも現実ではなく、カプローニが出てくる夢にだ。大きな編隊で飛ぶ零戦を見てカプローニがいう。
「あれが君のゼロか。美しい飛行機だ」
「はい。でも、一機も戻って来ませんでした」
コメント ( 14 ) | Trackback ( 3 )
« しそゼリー 阪神、「ハレ... »
 
コメント
 
 
 
私は (アブダビ)
2015-11-01 02:19:07
宮崎監督の最後の作品は「もののけ姫路」だと思います。
ぶちきれたようにスプラッターもいとわぬ描写。誰も幸福にならない結末。
ああ…本気で「家族向けのジブリ」を脱ぎ捨てたんだ! これを最後にする発言は本気だったかと!
劇場で騒いでいたガキんちょを祟り神の登場からのアクションで、ガキどもを一瞬で黙らせた暴力性。
それが何さ!
ダラダラ作りまくり。
私は後輩の祖父が坂井三郎さんで、お逢いした事があるのですが、
撃墜王の経歴に関わらず、2度と戦争など起こすな! 死ぬのは君ら一般人なんだぞ!と語る隻眼(空戦で半盲になりながら帰隊した)の光が凄かった!
んな訳で、作った奴を美化する話には嫌悪感があります。
 
 
 
だいたい (アブダビ)
2015-11-01 02:33:47
管理人さんのブログを読めば、購買での部品の調達や在庫管理がどれだけ生産に大事かが解る。
そういう地道な努力が日本を物造り大国にした。別に天才がしたわけじゃあねーや!
0戦はギリギリでの性能美。
ギリギリで故に、どんだけ死んでったか坂井のじい様から聞いてます!
アメリカのシャーマン戦車は、無理な負荷がエンジンに掛かると、シャフトの軸を支えた部品が折れるように設計されてます。
フォーリーみたいな戦場でエンジンを修理するのは不可能だし、部品の調達や輸送も難しい。でも砂漠でもシャフトの交換は
プロの整備士でなくとも、過酷な場所でも出来るから。
戦争に負けたのは、アメリカ人の方が合理的だからです。
 
 
 
だいたい (アブダビ)
2015-11-01 02:35:17
管理人さんのブログを読めば、購買での部品の調達や在庫管理がどれだけ生産に大事かが解る。
そういう地道な努力が日本を物造り大国にした。別に天才がしたわけじゃあねーや!
0戦はギリギリでの性能美。
ギリギリで故に、どんだけ死んでったか坂井のじい様から聞いてます!
アメリカのシャーマン戦車は、無理な負荷がエンジンに掛かると、シャフトの軸を支えた部品が折れるように設計されてます。
フォーリーみたいな戦場でエンジンを修理するのは不可能だし、部品の調達や輸送も難しい。でも砂漠でもシャフトの交換は
プロの整備士でなくとも、過酷な場所でも出来るから。
戦争に負けたのは、アメリカ人の方が合理的だからです。
 
 
 
アブダビさん (雫石鉄也)
2015-11-01 05:20:35
おっしゃるように、その国の生産能力を高めるのは、一人の天才ではなく、多くの地味な、でも、確実、着実な仕事をコツコツこなす、現場の労働者でしょうね。
でも、画期的なモノは一人の天才の出現を待たなければならないでしょう。
堀越二郎、ウェルナー・フォン・ブラウン、糸川二郎、フェルナンド・ポルシェこれらの人がいたからこそ、画期的なモノができたのではないですか。
 
 
 
そうは思いません (アブダビ)
2015-11-02 03:44:10
今のコンピュータ社会は、元を辿ればデカルトの二元論と座標軸な発明による。
これで図形である幾何を数式に現せるようになり、ソフトウェア化する原型が出来た。でも…デカルトが産まれなくても誰かが発明しましたよ。
ヒトラーは少年時代に溺れて死にかけて、プロテスタントの牧師に助けられた。
でも死んでいても、戦争もホロコーストも
誰かが引き起こしましたよ。ヒトラーみといな青年は山ほどいた。
カトリックである私から言うと、天才はさ才能と役割を主から与えられただけ。
天才は唯一無二の存在ではなく、結果として演じた俳優。
神と書いて拒絶があるのならば、「時代」でも構いません。

戦争を例に取ると、天才を要求されるのは戦術家。戦略家は、当たり前の事を実行してゆく能力が大事で、奇抜な勝利などしない。
まあ日本の時代劇を観ると、信長が天才とされてますが。桶狭間だけすよ奇襲なんてしているのは。
最初に常備軍を作ったのは、彼の領地は米が取れず(当時)、養蚕つまり女性主体の生産地で、男が仕事にあぶれていたから。
武田を鉄砲で撃退したのは、鉄砲よりも野戦築城で、地形を要塞化したから。
次いで弱兵が多いから鉄砲を導入した。
実際、匍匐前進して迫ってくる上杉の兵士には自慢の鉄砲隊もボロ敗けさてる。
上洛を果たしたのは、養蚕→繊維を主産業にしてるが故に、その最大消費地である京都への道が必要だったから。
叡山焼き討ちで宗教勢力(古代権力)を滅ぼしたのは、その行く道と商売の邪魔だったから。
天才ではなく、やることを一つ一つこなしていく努力家でした。
天才が時代を変えるのでなく、時代が天才を産むだけです。
 
 
 
アブダビさん (雫石鉄也)
2015-11-02 10:15:38
>天才が時代を変えるのでなく、時代が天才を産むだけ>です。

なるほど、それも正解だと思います。時代が天才を生むのか、天才が時代を創るのか、私は、卵とニワトリどっちが先かと同じだと思います。
信長が強かったのは常備軍つまりプロの兵隊を創設したの大きな要因だと私も思います。
それまでの軍は、農民が兵だから、農繁期は戦争できないわけですね。信長軍はそれを気にせず戦えるわけですね。
 
 
 
文の奇才 ()
2015-11-02 20:09:58
零戦を開発した天才、という個人の物語ではなく、大戦期のあの時代を批評したように思います。

ただ、気になったのは、堀越さんの発明が、国策を決した、つまり、誤った戦争への一因となった、
という描き方ですね。必要だから、発明があったのであって、堀越さんが居なければ、
日本の空戦はもっとまずいものになった、そして、戦争は止められなかった、という事だと
思いますので。

石原莞爾のような、参謀の奇才は、戦略というより、最終戦争論は、文才の賜物だという事なのでしょう。
 
 
 
隆さん (雫石鉄也)
2015-11-02 20:56:51
私は、この映画、飛行機好きな青年の個人の物語と観ました。
 
 
 
雫石さん ()
2015-11-02 21:30:44
そうですか。個人の責任というよりは、あの時代を作った全体の問題に焦点がある、と自分は思いましたので。

時代は然るべく根拠があって、失敗するのでは無く、国家が全精力を尽くしてすら上手く行かない事があると。そうした失敗の歴史に対するリベンジではなく、あるがままに受け止めて何があるか、という事だと思いました。
 
 
 
隆さん (雫石鉄也)
2015-11-02 21:58:45
責任うんぬんではなく、私は宮崎さんが、あの映画で何をいいたかったかをいってるわけです。
私は、先のコメントでいったように、純粋に飛行機好きな青年の、美しい空飛ぶ機械への愛情を、あの映画をみてくみとりました。
 
 
 
時代は根拠があるから失敗する (アブダビ)
2015-11-03 01:49:23
石油がねーのに軍艦や飛行機を量産したって戦争に勝てる訳がない。
すでに「坂ノ上の雲」の秋山弟が日米戦争のはるか前に警告しているが、日本はそれについては「考えない事」にした。
石油の備蓄を叩けばヨーロッパで手が一杯のアメリカも身動き取れないのを承知で、
真珠湾では石油タンクを無視して艦船を叩き、備蓄タンクを丸々残した。
アメリカの国力なら船は後々で建造できるが(本土で)、石油は運んでこないと船は動かない。その間、艦船を真珠湾に残しても米軍 は制海権を失う。
にも関わらず艦船を叩いた。
華々しい戦果が欲しいから。

初戦でこれだもの、敗けるべくして敗けた。国家が全力を尽くしてなお…
そりゃ言葉での美化に過ぎない。
全力を尽くして用意しないから、当然の敗けを被ったの。
 
 
 
元兵隊さんから一言 (アブダビ)
2015-11-03 02:25:30
元兵隊さんの経験から。
戦車や飛行機に乗ろうと、兵隊は
食い物(水)、燃料、医薬品がないと動けない。動けないてことは武器弾薬があっても戦えない。
戦地に行けて前言は撤回、自衛隊に入隊しなさい。どうせ暇をもてあましてるんだろ?
じゃあ自衛隊だ!
身をもって国益に尽くせるぞ!
下らない屁理屈を並べてるよりも、現実が解るぞ!
さあ地連の事務所へ急げ!
君が来る中国との戦闘で花と散ったら、
線香をあげて、アルバムに写真を貼って、
年に一度は思い出してやるよ!
 
 
 
そういえば (アブダビ)
2015-11-03 02:57:54
国家が全精力を尽くして上手くなかないこともある…か。
成る程、竹槍でB29を落とそうとするのも
全精力だよな。
美しいねえ君の歴史感は。
 
 
 
Unknown ()
2015-11-03 08:19:22
何か可笑しな事を書いた覚えはありませんが。

戦前日本が国運を傾けて対米戦争に突き進んだのは、戦後世代が忘れてはならない事だと思います。

元兵隊であれ、非戦闘員であれ、国を共通項として生き、その恩恵に浴しています。竹槍を構えて、敵機を落とそうと訓練していたのは、民間に戦争が降りてきた、という事、つまり、消耗戦を強いたという事でしょう。

凄惨な島嶼戦には、戦争の美化の毛頭無い、消耗戦の現実があるものだとは思います。あれと同じ事が日本で起きれば、おそらく、この国の今は無い筈ですね。広島、長崎への原爆投下後、何故、早々と降伏しなかった、のか、首脳部の神経を疑いますが、あれは、臣民たる国民の犠牲を強いるものであったと思います。
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
風立ちぬ (あーうぃ だにぇっと)
風立ちぬ@スペースFS汐留
 
 
 
『風立ちぬ』 (時間の無駄と言わないで)
久々に映画館で宮崎アニメを観た。 「千と千尋」以来だから結構経ってますねぇ。 わざわざ映画館で観るのにモノラルサウンドってのはさておき、今までのとは大分毛色の違う感じ ...
 
 
 
映画:風立ちぬ ストーリー云々は抜きで、2時間にわたる映像詩として、純粋に堪能! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
オープニングから既に美しい映像。 早朝の大地に降り注ぐ太陽の日が、わーっと広がって行く。 これだけで思う、 究極に美しいアニメーションだな これは! その後も1カット、1カットにいちいち映像へのこだわりが。 現実とファンタジーが混在しつつ、それが次々と積...