goo

電車内での携帯電話はなぜ不愉快か

 電車の中で携帯電話でしゃべることはマナー違反である。確かに「あ、ど~もど~も」と大声で隣でしゃべられると、大変にうるさく迷惑だ。ところが、大声ではなく普通の声でしゃべっていても不愉快だ。
 医療機器への悪影響に考慮することはもちろんだが、それでなくても、電車内での携帯電話は止めてもらいたい。
 なぜ電車内での携帯電話は不愉快なのか考えた。これが電話ではなく、乗客どおしの会話だとさして気にならない。少々大声で会話してても気にならない。ところが、電話だと小さな声でしゃべられても気になる。なぜだろう。
 普通の会話だと、双方とも電車の同じ車両にいる。ああ、この人はあの人とお話をしているのだなと判る。ところが電話だと、一人しか確認できない。その人の話し相手はどんな人か判らない。糸電話ごっこではないんだから、あんまり、電車で同じ車両に乗っている人と電話で会話する人はいないだろう。
 電車の同じ車両に乗り合わせた人というのは、一緒に乗っている知り合い以外、知らない人ばかりである。縁もゆかりもない人ばかり。ところが、ある意味、この同じ電車に乗り合わせている人たちは運命共同体である。万が一事故が起これば同じ境遇になる。もちろん、電車に乗っている時はそんなことは意識しない。意識はしないが、無意識のうちに、同じ電車の車両に乗っている人どうしは、小さいながらも、そこにムラ社会を形成しているのではないだろうか。電車の中に結界を張っているのだ。この結界の中でなら、会話を交わしても気にならない。ところが、電話だと結界の外の人と会話している。そこに結界破り、ムラ社会を逸脱した行為と感じるのだろう。だから、電車の中での携帯電話は不愉快に感じるのではないだろうか。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 阪神間3電車 ボトルキープ »