goo

サントリー山崎のノンエイジを手に入れたぞ


 サントリーのシングルモルトウィスキー山崎。昔はそのへんの酒屋で普通に売っていた。ところが昨今の国産ウィスキーのブームで、かような高級ウィスキーが入手しにくくなっている
 山崎の12年なら以前、入院してた時、退院全快祝いに知人がくれた。至福の味であった。蒸留所限定の山崎リミテッドエディションは。ことしの2月にサントリー山崎蒸留所に見学に行った時に大散財して清水の舞台か、広島カープの位置から阪神タイガースの位置まで飛び降りる覚悟で1本買った。
 と、いうわけで2種類の山崎を飲んだことがある。この2種類、両方とも1万円を越える。いかに大富豪の小生とはいえ、そんなにたびたび散在はできない。
 山崎のノンエイジなら1万円以下で買える。ことあるごとに探しているのだがなかなかない。
 きのう、映画を観たあと、バーボンのブラントンを買うため六甲道のやまやに立ち寄った。そのやまやのガラスケースの中にお一人様1本という添え書きとともに山崎のノンエイジが売っている。4428円。即、衝動買い。もちろんブラントンも買った。両方で8000円ちょい。高くついた衝動買いであったが念願の山崎のノンエイジを手に入れたぞ。
 大昔、なんの用事か忘れたが元町を歩いていた。昔の神戸の元町には古本屋がたくさんあった。そのなかで黒木書店という店にはSFが豊富にあった。ここでSFマガジンのバックナンバーをよく買っていた。その時も、なんの気なしに黒木書店をのぞいた。SFマガジンの創刊号が売っていた。長年探していた。即、衝動買い。このたびの山崎のことは、大昔のSFマガジン創刊号入手のことを思い出したしだい。
 サントリー山崎ノンエイジ。ネットなら8000円ほど。小生が山崎蒸留所で10800円で買った山崎リミテッドエディションはネットで30000円。法外な値段である。でも高くても本物ならまだいい。響のボトルにトリスを入れて法外な値段で買わされたという被害もでているそうな。だから小生は極力ネットでは買い物をしないようにしている。困ったものだ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« カメラを止め... ビゴさんが亡... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。