goo

遙かな海路


神戸新聞社編      神戸新聞総合出版センター

 かって、神戸に日本一の巨大商社があった。鈴木商店という。神戸の小さな砂糖問屋であった鈴木商店が、いかにして巨大な商社に成長し、そして滅んでいったのか。
 ホンダに本田宗一郎、パナソニックに松下幸之助、ダイエーに中内功がいたように、鈴木に金子直吉がいた。ただ、本田、松下、中内たちは企業の創立者でありオーナーでありカリスマ経営者だ。金子は違う。20歳で高知から神戸に来て、鈴木商店に丁稚として雇われた。
 金子はただの丁稚では終わらなかった。鈴木のトップ「お家さん」鈴木よねに見こまれ、すべてを任され、稀代の名番頭として辣腕をふるい、三井、三菱、住友を凌駕する商社に育て上げた。
 金子自身は商人でありながら「生産こそが人間が行う最も尊い仕事」との信念の元、砂糖、樟脳、食品、製鉄、造船などあらゆる製造業にアメーバのごとき、触手を伸ばし、自ら起業し、はたまた既存企業を買収し、近代日本の製造業の骨組みをつくったといっても過言ではない。
 例えば、日本を代表する製鉄所のひとつ、神戸製鋼は、東京の書籍商、小林が神戸の脇の浜に小さな製鋼所を作った。それを金子が買収して、今の神戸製鋼となった。神戸製鋼のルーツは本屋であったのだ。小生(雫石)が入院して手術を受けた神鋼記念病院の正門の前に「神戸製鋼発祥の碑」がある。
 主人鈴木よねは番頭金子に全幅の信頼を置いている。金子はよねに忠誠をつくす。だから、金子は鈴木を株式会社にしなかった。株式会社にすれば会社はよねのモノではなくなる。だから資金の調達は台湾銀行に頼っていた。ここに金子の誤算があった。昭和初期の恐慌にたえきれず鈴木商店は滅亡した。
 鈴木商店は大きくなりすぎたのだ。金子の暴走ともいえる。西川文蔵という人がいた。鈴木商店本店支配人。事務方の実務を取り仕切っていた。この西川が若くして死ぬ。それは、優秀な補佐役豊臣秀長を失った秀吉である。暴走した秀吉が朝鮮に侵略して豊臣政権を疲弊させたように、西川を失った金子の暴走を止める人はいない。
 鈴木商店は今はない。しかし、神戸製鋼、双日、サッポロビール、帝人、IHIといった企業が鈴木商店の衣鉢を継いでいる。
 鈴木商店は今はないといったが、登記上、鈴木商店は、今もある。金子の意志を受け継いだ人たちが清算手続きをしなかった。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )