管理職も行政も教えてくれない 学校の「今のあたりまえ」 若い教師に伝えたいこと

今当たり前と思っていることも、よくよく考えてみれば、問題だらけ。若い人には、ぜひ読んで、考えてもらいたいものばかり。

地に落ちた学校にとどまって

2020-09-03 00:17:00 | 行政
明日で3日続けての休みをとる。
9月に入り、秋の気配が感じられた時期での夏バテ。普通に働いても、マスクによる酸欠は、如何ともし難い体力の消耗を呼び込む。
ただ、今回の休みは、それに加えた「失望感」からもある。
先日の職員会議。
例の如く「質問、意見交換は許されない」会議だ。
その中で、3月の卒業式についての反省まとめの発表があった。
予想通りと言えば、その通りなのだが、各学年から出された書き込み一覧表があり、次に引き継ぐもの、変更させるものが最後にまとめられている。
「予想通り」は、その一覧表に、私の書いたものが、きれいさっぱり消えていたことだ。
どこかにコピーして保存、保管しておけばよかったと思ったが、後の祭り。
私の書いたものは、
①コロナ禍にあっても、都や市からの卒業式に関して、日の丸、君が代は、なにがなんでも式に据えようとする「異常さ」があった。
②それだけ「珍重」されている式の内容は、「異常」と言うしかない。
③本来、学校行事は、各学校で、創意工夫をして作り上げるもので、儀式的行事とは言え、最終的には学校の教育課程に含まれる、学校作成の課題でもある。
④そのような通達があり、かなりの強制力をもって、学校に影響を及ぼしているのが、平成15年10月23日の、都からの通達である。それを知っている職員は、多くはない現状である。
⑤したがって、これからの式の実施計画には、巻末資料として、この通達も添付したらどうか。

このような趣旨で書き込みをしたのだが。どの段階で消えたのか、いや消されたのか。
職員会議では、消されたこともあり、誰も気づかないままで進行する。
さらに、その担当の説明には、消えたことも、その理由も言及なし。

力が抜けてしまった。
管理職には、いやな文面であることは分かるが、そんな意見を「抹殺」する権利など、彼らにはあるのか。
わが校は、ここ数年で、「意見は主任を通せ」「個人的な意見なら管理職に直接言え」「会議は議論する場ではない」という雰囲気が醸成されてきている。
主幹は管理職の下請け。主任は、平のお目付け役。平は、「いつかは主任になって」と、体育会ばりの臥薪嘗胆。
重苦しい職場になってしまった。

力が抜けた。
いや、ここで踏ん張らずにどうする?
考えて、考えて、疲弊、消耗。仕事も読書も、ライフワークも、なにも手につかず。

いや、下を向いてはいけないな。
負け犬ではない、非は私ではない。
コメント   この記事についてブログを書く
« 埼玉はしぶとく内定していた | トップ |   

コメントを投稿

行政」カテゴリの最新記事