日々是好日 とっつあんの雑記帳

とっつあんが徒然なるまま”ほっこりと暖かく誰もがうなずけるちょっとした幸せを感じる”話題を発信していきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「卯年」(^^♪ 目標に向かい、駆け昇る飛躍の年

2011年01月20日 18時30分18秒 | 歳時記

今日は二十四節気の「大寒」、一年中で一番寒い日となるわけです…。
が、比較的、過ごしやすい気候の大阪でした。

来月のいばらき観光ウォーク「天然記念物と古代神話コース」の再下見に行ってきました。
先日、自転車でコースを確認したのですが、100名ほどの人が参加した時に、歩けるか問題になり、歩いて確認することになったのです。
少し変更することになりましたが、問題なく歩けそうです。

ついこの間、「卯年」の新年を迎えたところですが、ドンドン時間が経っていきます。
この「卯年」は、目標に向かい、駆け昇る飛躍の年だそうです。

そこで、ウサギに蘊蓄を傾けようと思いつつ時間が過ぎてしまいました。

ウサギは古来より人間には身近な動物として親しまれてきましたが、農民にとっては収穫物を奪い、農作物を食害する天敵となり、時には狩猟の対象となり食用にも供されてきました。
その一方で月の神、山の神、産神、農神などとして信仰の対象にもなってきました。

十二支の4番目である『卯』は方位では東、時刻では朝の6時前後、月では陽春の旧暦2月に相当し、ヒキガエルとともに月の満ち欠けを引き起こす動物と考えられ、月の象徴として数多くの文学作品、民芸伝承、伝説などに表現されています。

また「王者の恩、耆老に加われば、即ち白兎あらわる」「白兎は寿千年、五百に満つれば即ち色白し」など、書物にも記されるように白兎は招福吉兆の瑞獣として讃えられています。

五穀豊穣をつかさどるともされ、植物の成長を見守るお米の国日本にとってはとても大切な動物です。
兎の穏やかな様子から家内安全・家庭円満、跳躍する姿から飛躍を表します。

卯年は福分の年と言われる様に、兎に因んで、愛と才智と跳躍力を持って、烏兎努力を積めば、栄嘉をつかみ獲るチャンスが待っているそうです。

でも今年は「辛卯(しんぼう)」の年、またまた飛躍ではなく、辛抱しなければいけないのでしょうか。
そんなことが無いように祈ります。

写真は、昨年の暮れ、大阪市の中之島公園に展示されていた石で作った「里山の月うさぎ」です。
月に向かって跳躍している姿、可愛いでしょう。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ 
 明日1月21日(丙子ひのえね 大安)はこんな日です。
「料理番組の日」
 1937(昭和12)年のこの日、イギリスのBBCテレビで料理番組の元祖といわれる番組「夕べの料理」の放送が始まりました。
 第1回目は「オムレツの作り方」で、この日の担当のマルセル・ブールスタンは、世界ではじめてテレビに出演した料理人となりました。
 また、1963(昭和38)年の同じ日に、日本テレビで「3分クッキング」がスタートしました。

●「ライバルが手を結ぶ日」
 慶応2(1866)年のこの日、長州の木戸孝允、薩摩の西郷隆盛らが土佐の坂本竜馬らの仲介で京都で会見し、倒幕の為にライバル同士が薩長同盟(薩長連合)を結んだことに由来します。

●「初大師,初弘法」
 真言宗の開祖弘法大師(空海) の忌日3月21日にちなみ、真言宗の各寺院は毎月21日を縁日としています。
 1年の最初の縁日は「初大師,初弘法」といわれます。
 各地の大師堂は参詣者で賑います。関西では京都の東寺、関東では川崎大師が有名です。
 元々”縁日”とは神仏がこの世と”縁”を持つ日とされており、この日に参詣すると大きな功徳があるということです。
 人々が盛んに参詣に訪れるようになると、お店が出てきます。
 東寺では弘法市と言い、現在では骨董に古着、植木、野菜などの多数の露店が立ち並ぶ縁日となっていて、縁日を目的とする人も少なくなく、掘り出し物を探す人と参拝する人で賑わいます。

●「東寺の弘法市」
 弘法大師(空海)ゆかりの京都市南区の東寺で、空海の命日にちなむ今年最初の縁日「初弘法」が行われます。
 厳しい寒さの中、骨董(こっとう)品や新酒などを売る露店が並び、掘り出し物を探し求める買い物客らでにぎわいます。
 東寺では毎月21日に「弘法さん」と呼ばれる縁日が開かれています。
 初弘法は、12月の「終い弘法」とともに特に人出が多く、この季節の風物詩として親しまれています。
 教王護国寺(東寺)京都府京都市南区九条町1

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ「にほんブログ村」ランキング参加中です。
    私のブログに興味を持たれた方、「ポチッ」とクリック、応援お願いします。


コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アンチエイジングに(^^♪「豚... | トップ | 日中友好(^^♪中国安徽省安慶... »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
寒いですねぇ。 (野いばら)
2011-01-20 19:10:48
里山の月うさぎ
可愛いですね~
まだあるのでしょうか~?
今年のえとにちなんだものなら
ずっとありそうな気がしますね!
必見の価値ありです^^
Unknown (焼き物屋)
2011-01-20 23:10:43
日本では月にはウサギ、ですが中国ではどうなんでしょうか?
私は知らないのですがとっつあんはご存知でしょうか?
Unknown (銭無のとっつあん)
2011-01-21 17:30:00
野いばらさん

どうでしょうか。年末のイルミネーションの時でしたから…、その期間中ではないでしょうか。
バラ園の方でした。
結構、可愛いでしょう。
Unknown (銭無のとっつあん)
2011-01-21 17:37:31
焼き物屋さん

中国も月にウサギが基本のようですが、餅つきではなく薬草を搗いているそうです。
また、月にはウサギがいて、、閻魔大王が月に移した桂の木も一緒にあるというのもありました。
カニやヒキガエルもあるとか…。


大きな国で、民族も多く、宗教もさまざまなのでいろいろあるようです。
Unknown (森のどんぐり屋)
2011-01-22 11:10:23
里山の月うさぎ、とても可愛いですね!
表情がなんともいえないです。
Unknown (銭無のとっつあん)
2011-01-23 22:18:27
森のどんぐり屋さん

そうですね。
硬い石で出来ているのですが、優しい可愛らしさを感じますネ。

歳時記」カテゴリの最新記事