日々是好日 とっつあんの雑記帳

とっつあんが徒然なるまま”ほっこりと暖かく誰もがうなずけるちょっとした幸せを感じる”話題を発信していきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

しろあと歴史館(^^♪「しろあと座」公演

2010年07月02日 19時36分25秒 | 三島地区の文化財
今日も朝から「しろあと歴史館」でガイドをしてきました。と言うか、本日午前の来館者は1名のみで、先輩がガイドしたので、とっつあんは仕事なしでした。

こんなことは、珍しいそうですが、朝から突然雨が降ったりする天候だったので出足が悪かったのでしょうか。
7月に入って、ジットリ湿気の多い蒸し暑く、突然ザッと雨が降ってくる不安定な気候です。

現地でのガイドがなかったので、ここで、「しろあと歴史館」の紹介をします。
今日は、「城下町のくらし」コーナーにあるミラービジョンの「しろあと座」です。

「城下の一日」を、俳人松尾芭蕉と弟子の宝井其角が、元禄時代の高槻をゆかいな芝居で紹介します。(約9分)
お題 「けさたんと のめやあやめの とんださけ」 は、其角の作と伝えられ、前後どちらから読んでも同じ「回文俳句(かいぶんはいく)」と呼ばれています。

ときは、元禄年間 1690年ごろ
ところ、高槻・芥川宿
出演は、俳人俳人松尾芭蕉、その弟子の宝井其角、宿の女中おキヨほか

宝井其角(1661~1707)は、江戸前期の俳人。14歳で芭蕉に入門し、「蕉門十哲」の一人で酒を愛し、旅を好みました。

芝居のなかでは、淀川のシジミ、寒天、服部のシロウリの漬物、富田酒など、高槻の名産が登場します。
是非、ご来館いただき、お楽しみください。

七夕の行事に、牽牛星・織女星に詩歌や書物を奉じる風習があるので、「文月」といわれるらしいです。
でも、七夕はもともと日本にはない風習なので、稲の「穂含月ほふみづき」や「含月ふくみづき」から転じたと言う考えもあります。
文月の意味は読書に適すから文被月(ふみひろげづき)の略で七夕のための文を開くことからなど諸説もあります。

夏の風物詩「七夕まつり」をしろあと歴史館でも、明日7月3日(土)と4日(日)に行います。
願い事を短冊に書いて、大きな笹に飾りましょう!
日本の年中行事に触れてみてはいかがでしょう。

「楽しい紙芝居」(11:00.13:30、14:30)おみやげあり。
「おりがみコーナー」(夏関連、船など)
明日3日は、10時から笹の無料配布(先着50名)
など、楽しい企画を用意し、皆さんのご来館をお待ちしています。

高槻市立しろあと歴史館 大阪府高槻市城内町1-7 TEL072-673-3987

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ 
 明日7月3日(甲寅きのえとら 友引)はこんな日です。
●「波の日」
 サーフィンやウインドサーフィンの愛好家が、「な(7)み(3)」の語呂合わせということで、この日を記念日としています。波に感謝しながらボードに乗る日です。
 サーフィンの起源は、ハワイやタヒチに住んでいた古代ポリネシアの人々だといわれています。
 西暦400年頃にはその原型のようなものがあったといいます。

●「ソフトクリームの日」
 1951(昭和26)年7月3日、東京の明治神宮外苑で行われた米軍主催のアメリカ独立記念日を祝うカーニバルでソフトクリームが販売され、初めて一般の日本人がソフトクリームを食べました。
 日本に初めてソフトクリームが登場したことを記念して、日本ソフトクリーム協議会は7月3日を「ソフトクリームの日」と制定しました。

●「通天閣の日」
 1912(明治45)年7月3日、大阪市浪速区に高さ103mの通天閣が完成しました。
 1903(明治37)年の第5回内国勧業博覧会会場跡地の西半に娯楽地「新世界」を開発した際、その中心にパリの凱旋門とエッフェル塔を模して作られました。
 第二次大戦中1943(昭和18)年に火災に合い、戦時下の鉄材不足に答える形で300ton の鉄材として大阪府へ献納されましたが、1956(昭和31)年に再建されました。
 初代「通天閣」は高さ64m。通天閣の天辺にある丸いネオンの「光」では天気予報もしている。入館時にもらうパンフレットを切り抜いて張り合わせるとミニ通天閣が組立られます。

●「国際協同組合デー」
 1894年(明治27年)に創立された国際協同組合が、協同組合運動の発展と生活向上のため1932年(昭和7年)の世界大会で制定されました。

●「信貴山毘沙門天王大祭」
 毘沙門天王が出現した寅の日を記念する法要であり、信貴山本堂で行われる一年でもっとも大きな行事です。毘沙門天王に百味のお供えを施し、夜を徹してのお詣りが行われます。
 用明天皇2年(587年)、聖徳太子によって建立した、毘沙門天王の総本山です。太子が寅の年の寅の日、寅の刻に現れた毘沙門天を感得し祀ったことから始まるといわれています。
 標高437mの信貴山の中腹に位置し、毘沙門天王が日本で最初に出現したという伝説が残されています。境内に巨大な張り子のトラがあることでも有名です。
 2010年7月1日(木)~7月15日(木)9:00~16:00、信貴山朝護孫子寺で『毘沙門天王秘仏特別開扉』が行なわれます。
 信貴山朝護孫子寺 奈良県生駒郡平群町信貴山 TEL0745-72-2277

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ「にほんブログ村」ランキング参加中です。
    私のブログに興味を持たれた方、「ポチッ」とクリック、応援お願いします。


コメント (8)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« マンホールアート(^^♪大阪の... | トップ | 夏のスタミナ補給に(^^♪「豚... »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (葉月)
2010-07-02 19:59:34
こんばんは~

マンホールアート
沢山見せていただいていますが
どれもステキなものばかりですね

暑いと外出も遠のき、見つけることが
出来ません(苦笑)

もう七夕さまなんですね
こちらは、来月になります
子供たちが、お菓子をもらいに歌を歌いながら
各家を訪問します
早いもので、今年も半分が過ぎましたね
Unknown (焼き物屋)
2010-07-02 21:36:31
城跡歴史観 行ってみたくなりますね。
とっつあんさんにガイドをお願いするときは予約して指名するのでしょうか?
でもいつでもいいとうわけにはいきませんよね。
メリハリ (iina)
2010-07-03 10:13:50
蒸し蒸しじとっとした毎日です。
そんな折りにも、ガイドのためにお出ましは或る意味で生活にメリハリが効いて
いそうです。


Unknown (銭無のとっつあん)
2010-07-03 19:04:31
葉月さん

本当に素晴らしいマンホールアートが多いです。
それが、収集の魅力を高めているのでしょう。
暑い時は、無理をしないのが良いですネ。

七夕も子供の楽しい行事ですネ。
北海道の七夕は特に楽しそうです。
Unknown (銭無のとっつあん)
2010-07-03 19:09:35
焼き物屋さん

前もって連絡いただければ、特別な予定がない限り、詳しい説明は無理かもしれませんが、勉強のため案内はさせていただきます。

ローカルな町の小さな歴史資料館ですが、何か参考になるものはあると思います。
Unknown (銭無のとっつあん)
2010-07-03 19:13:01
iinaさん

そうですね。
ある人が言ってました。
「ここにきている皆さん、活き活きと輝いていますネ。」

自由なボランティアとはいえ、使命感をもって、人生の励みにしているのでしょう。
Unknown (kiko)
2010-07-04 00:10:26
とっつあんさんも、午前に行かれてたのですね~
お疲れさまでした。(^^ゞ

私はお昼からみなさんと一緒に
七夕さんの笹に飾りつけをしてきましたが
とっても立派な笹になりましたよ。

でも・・・雨が気になりますね~ (~_~;)
Unknown (銭無のとっつあん)
2010-07-04 19:27:13
kikoさん

kikoさんのブログ見ました。
立派な七夕飾りが出来ましたね。

7日まであるそうなので、火曜日の午後から見ます。

今日は、雨が降らなかったので、盛況だったのでは…。

三島地区の文化財」カテゴリの最新記事