かぐや姫

たいした記事ではないけれど。

凄み

2016-09-06 17:42:15 | 日記

ガメラの凄み。黒の凄み。9/6日。ク・ロの語呂合わせ。ガメラは座頭市かと思っていたが。どうも違う気がしてきた。

拝一刀。若山富三郎。殺陣では弟の勝新太郎より上をいく。甘党で下戸。いろいろな逸話を残したらしい。凄くてかわい

い。千葉真一との共演で、魔界転生に出演している。柳生但馬守宗矩の凄みのある演技。痺れてしまう。実生活でも時々

気に入らない人間を殴ることがあったらしい。これは怖い。でも仕事はきっちりするタイプ。2時間前に現場入り。酒で

失敗しないタイプ。飲めないんだから。飲むのはたばこ。共感できる。女の人はどうだろう。あまり書いてない。麻雀が

好きらしい。血液型はなんだろか。興味深い。やってほしいな真剣白刃取り。ギロンとガメラ。役不足かな。やっぱり

ギャオス。柳生軍団忍者はギャオスがふさわしい。富三郎は手裏剣の名手。大五郎を守って、箱車を操り獅子奮迅。ちがっ

た亀奮迅。ギャオスの超音波メスを両手でつかむ。普通ならキレちゃうな。してたんですグローブを。アラミド繊維の手袋

を。それでもキレちゃう?。ううんそれなら私のお腹の体脂肪。超音波が通にくい。ガマの油でもいいですが。手袋にぬり

混みます。まだ駄目?。ううん。無振動素材。専門的。なにいってる?。コウラで防げばいいだけか。それじゃ凄みがない

じゃん。ひっくり返してください。ギャオス。ぎゃー。ごろん。そこでギロンがとどめを刺す。こんな展開。なんだ。

はじめっから議論が出てたら、すぐ終わっちまったものお。まな板の鳥と化すギャオス。料理人は若山富三郎先生。

ここに凄みを添えます。そして羊羹を溶かして。ええー。ワインじゃないの。?尼さんがお待ちかね。くるしい。

ねんごろに手向けてください。1・2・3…10人います。尼が十。あまがとう。甘党。十兵衛破れたり。ガクーッ!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 石炭 | トップ | 思い込み »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (たにむらこうせつ)
2016-09-06 17:57:53
面白かったです。
怪獣と勝新太郎と若山富三郎。
真剣白刃取りぜひ見たいですね!
みんなのブログからきました。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事