☆My Everyday Life in Canada☆

カナダに来て13年。2人の子供達の成長記録と梅ちゃんからの日常エピソード色々☆

子供だけじゃない

2018-06-13 | 日常の出来事
子供もだけど、大人にも、発達障害や精神障害はあって、でもそのことに本人に自覚がないケースは結構あるのかもしれない。

接する側もその事を意識せずに、その相手からの気まぐれな言動、一貫性のない話、攻撃的な発言をストレートに受けてしまうと、自分が傷つく。。イライラする。

子供のことは、色々なタイプの子供達と関わる機会もあって、少し勉強しているけれど、大人に対しては どこかで「大人なんだから。これ、気がつくよね?わかるよね?できるよね?/ なんでそういう発想? なぜ180度意見がすぐに変わる?? どうしてこういう展開になる??」と どこかで感じてしまうと、そういう言動を目の当たりにした時に、腑に落ちない気持ちが溜まって、なんで?なんで?? が溜まって、時に感情爆発してしまう事が、たまーにあります。

その大人達が、精神障害を持っていると、本人達は恐らく自覚がないし、自覚がなければ医師に相談する事もないだろうし、そう診断されたけではないから、私からそういう事も言えないし。。
だけど、ちょっと冷静になって、そういう情報に目を向けてみると、私の気持ちも寛容になれるし、もしかしたらその張本人も苦しんでいるのかもしれない。。。と思えば、接し方を変えることができるかもしれないという気持ちになれる。 

精神障害じゃないかもしれないけれど、おかしいと感じるのは私だけじゃない その人達を知る別の人達も同じように感じるということは、そういった要素はあるのかもしれない。

だから、「精神障害があるのかもしれない」と思って、その相手と接してみる事で、自分も感情を振り回されずに過ごせるかもしれないかなあ。。

自分と違う感覚を持つ人達。子供達へは、色々なタイプの子達に できるだけ理解を示して来たけど、大人にも、そういう姿勢で 丁寧に。 何かいつもと違うと感じた時は、より丁寧に。その人達の発言に振り回されるのではなく、流せる部分は流して、冷静にどうしてそう感じたのか、それをしようと思ったのか、子供に接する時と同じように、丁寧に話を聞いてあげられるくらいの 心の器を持ちたいなあ。。





人気ブログランキングへ
コメント   この記事についてブログを書く
« あえてそうしてるのでは?? | トップ | え。。。そっ、そこに!? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日常の出来事」カテゴリの最新記事