☆My Everyday Life in Canada☆

カナダに来て12年。2人の子供達の成長記録と梅ちゃんからの日常エピソード色々☆

結婚パーティ

2019-06-01 | 日常の出来事
カナダの6月と言えば、紫外線がとても強く、雨がほとんど降らない晴天続き、でも日本ほど湿度もなく、夏至の頃には夜10時近くまで外で遊べる明るさで 私的には一番快適に過ごせる気候の月だと思っていますが、今年はね。。。ちょっといつもと違うみたい。

今日はダディくんの従姉妹の結婚式。 ガーデンウェディングで、全く雨よけがないのに、「雨の予報」が出ていましたが 式の間はお天気崩れず、誰もずぶ濡れにならずに過ごせました。

モデルのような美男美女カップルでね〜。絵になるの〜。

我が家は子供達の学校&学年末で楽しいイベントが続く時期なので、参加は見合わせたんだけど、彼らは リゾートウェディングをメインとしていて、今日はそちらへ来れない人達も参加できるカジュアルスタイル(カジュアルという事に関しては、間接的に前日に知ったのだが。。。。。。)。

高齢でちょっと体調崩されてるおばあちゃんもいるから、形だけでも 孫の晴れ姿がみれて嬉しいよね。

ただ。。。カジュアルと言っても、食事会に司会がいなくて、パーティと言うより、広い個室で食事会。という感じでした。

座席も決まっていなくて、全く面識のない人達と相席。 恒例の親子&カップルダンスタイムもなくて、ケーキ入刀とかも日本の披露宴だとBGM&司会で とても盛り上げてくれる一面だけど、誰も仕切らないから、さくっと切って、その後 切り分けてくれるのかなと思ったら、誰も切りわけないし、次男が「ケーキ食べたい」と言ってきて、え??私が切ってしまって良いのだろうか。。。と 戸惑うことがいくつかあるパーティだったなあ。

私とダディの結婚パーティは今思い出しても すごく盛り上がって楽しかった印象で、ゲストの方達からも楽しいパーティだったと 色々な方達から言ってもらえたんだけど、 ダディと話して お願いしたDJがすごく場を盛り上げて来れたのと、お酒を私達の方で余るくらい大量に用意して、ゲストの方達には、飲み放題形式にしたんですね。

今回もお酒はあったんだけど、1杯いくらでカウンターで支払う形式。

別に不快なパーティではなかったけど、 最後も誰が締めると言う感じでもなく、パラパラ帰っていく感じでしたね。

私は何度かこちらの結婚式にも参加しているので、まあほんと、スタイルそれぞれですが、日本の披露宴しか参加した事がない人が、今回のパーティにきたら、ちょっとカルチャーショックを受けたかも。

ダディと話して、楽しいパーティにするのに必要な要素

その1 主催者側のハッピーな気持ち (これは、大抵どのウェディングでも あると思う)

その2 司会進行して盛り上げてくれるDJ (持ち込んだCDもかけて来れた。)

その3 ゲストも飲み放題の お酒。(これは、意外とない。ワインのみ飲み放題はあったかな。用意するなら種類も選べるくらいあった方が良いと思う)

上記3つは、年齢の幅があるゲスト達に楽しんでもらうのにあると良いパーティ要素だと思います。

まーでも、彼らの場合、メインの南国での結婚式&パーティに 費用を使う予定のようなので、そちらは盛り上がることでしょう。  

人気ブログランキングへ





コメント