totoroの小道

「挑戦することで、きっといいことがある」  http://www.geocities.jp/totoroguide/ 

ちいちゃんのかげおくり⑤ 一の場面「どうしてお父さんはちいちゃんにかげおくりを教えたのだろう」

2019-10-12 18:36:54 | 3年 国語

このお話の主人公は「ちいちゃん」です。でも、1の段落ではまだ幼すぎて、ちいちゃんの気持ちは単純です。家族の状況がわからず、お兄ちゃんの言葉を後追いして、無邪気に喜んでいます。

だから、ここでは、そのほかの家族の気持ちを読み取らせたいと思います。
そこで、かげおくりの始まる前だけを掲示して、「この中に、変なことがたくさんあるよ」見つけてみよう。と切り出しました。

・明日、出征というのに、先祖の墓参りに行くのはおかしいよ。もっと家族で遊んだりした方がいい。
・帰り道に、急にかげおくりを思い出すのはおかしいよ。青空は、行きにも見えたはずだよ。
・ちいちゃんに「教える」っておかしいよ。遊びなのに教えるって言わない。
・青い空を見上げるのはおかしいよ。家族の砲をみればいいのに。

こんな意見がだされました。
一番おかしいと感じる部分から、課題を作ることになりました。
「どうしてお父さんはちいちゃんに教えたのか」が、課題となりました。

答えを予想しよう。
1 子供の時自分が楽しかったことを教えたい。
2 知らない遊びを教えてあげたい。     
3 ちいちゃんは主人公だから        
4 青い空が広がっていたから        
5 戦争で死ぬ前に教えてあげたい     
6 お兄ちゃんは知っていたかも知れない。  

・6はちがうよ。
・ちいちゃんが尋ねたから、お父さんは答えたんだよ。

・ちいちゃんが訪ねたのは、お兄ちゃんが「えっ、かげおくり。」って言ったからだよ。
・お兄ちゃんが、言わなければ、きっと気にしなかったと思うよ。

・じゃあ、なんでお兄ちゃんは「えっ、かげおくり」って行ったの?
・かげおくりを知らなかったんじゃない?

T:問題がでてきたね。「1 お兄ちゃんはかげおくりを知っていた」「2 しらない」
・知らないと思う。
T:その証拠の言葉をみつけてごらん。
・「えっ」だ。
・おかしなことをだれかが言うと、「えっ」って聞き返すよね。
・ぼくは、国語辞典でしらべたんだけどね「はっきりしていないときに言う言葉」って載っていたよ。
・じゃあ、やっぱり、お兄ちゃんも知らなかったんだ。

T:多数決をとってみよう。
1 子供の時自分が楽しかったことを教えたい。0人
2 知らない遊びを教えてあげたい。     0人
3 ちいちゃんは主人公だから        4人
4 青い空が広がっていたから        19人
5 戦争で死ぬ前に教えてあげたい      5人

T:どれが正しいか考えていこう。
・お父さんは、ちいちゃんもお兄ちゃんも知らないから、「かげおくり」を教えたかったんじゃない?
・そうそう、自分が子供の頃よく遊んだ遊びを、最後に教えてあげたい。
・青い空を見ていて、昔のことを思い出したんじゃない?

T:そうかあ。どれも正しそうだね。では、その証拠を探してごらん。

・つぶやきました。
・あれっ、つぶやくって小さい声だよね。
・国語辞典で調べてみよう。
・小声で独り言を言う。ぶつぶつ言う。
・独り言じゃん。
・お兄ちゃんやちいちゃんに言ってない。
・ただ、ぶつぶつ勝手に小さい声が出てきた。

・あのね、私はこう思うんだけどね、お兄ちゃんは「お父さんの言葉を一つ残らず聞こうとしてたと思うんだ。」だから小さな声でも聞こえたんだと思うんだ。
・お~っ。
・すごい、そうだ。
・お父さんは、明日になったらいなくなっちゃうから、おにいちゃんはずっとお父さんの方を見てたんだ。
・お父さんとの思い出をお兄ちゃんは作りたかったんだと思う。
・最後のお父さんの言葉を、思い出にしたかったんだと思う。
・だから独り言でも、聞こえたんだ。

T:じゃあ、お父さんのこの時の気持ちは、想像できそうだね。
・お父さんは、単純に、青い空を見て、子供の時によくかげおくりをしたことを思い出してつぶやいただけだ。
・それを、お兄ちゃんやお母さんは、聞き漏らさずに、「かげおくり」をすることにしたんだ。

T:じゃあ、まとめは書ける?

2019年10月19日 土曜日 天竜壬生ホール/第1会議室
2019年11月9日 土曜日 天竜壬生ホール/第1会議室

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ

にほんブログ村

 

コメント   この記事についてブログを書く
« ちいちゃんのかげおくり④ 最... | トップ | ちいちゃんのかげおくり⑤ 一... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

3年 国語」カテゴリの最新記事