totoroの小道

「挑戦することで、きっといいことがある」  http://www.geocities.jp/totoroguide/ 

ちいちゃんのかげおくり⑦ 三段落「少し食べたが、どうして少しかじったに変わったのか調べよう」(2)

2019-10-12 20:55:04 | 3年 国語

T:昨日の続きからだね。

T:新しい問題ができたんだったね。
・「本当はお腹がぺこぺこなのにどうしてたべないの?」

1 がまんした
2 体調が悪くて食べられなかった
3 心配で食べられなかった
4 水がないからのみこめなかった

T:もう一度振り返ろう。
・夜寝ていて、起きて逃げた。
・火事の中、お兄ちゃんとおかあちゃんとはぐれた。
・独りぼっちで、橋の下でねた。
・朝仁なり、家に戻った。
・夜になって、防空壕の中で、干し飯を少し食べた。
・それから24時間経って、また少しかじった。

・おなかペコペコのはずだよね。

T:どれが正しいか調べよう。証拠の文は?
・「お母ちゃんとお兄ちゃんは、きっと帰ってくるよ。」
・どこに帰ってくるの?
T:また問題ができたね。
「ちいちゃんは、お母さんとお兄さんがどこに帰ってくると思っているか?」
・ちいちゃんの所
・ちいちゃんの家
・その他
・帰る=もとの場所にもどること。だから、ちいちゃんじゃ無くて、場所のことだよ。

「おかあさんは、ちいちゃんが家にいるってしってるの?」
・知ってる。
・知らない。
・(全員員一致で)知らない。
・お母さんは、ちいちゃんが家にいるって知らない。でも、ちいちゃんは、お母さんは家に来るって思っている。

T:本当に?
・だって「きっと=ぜったいに。まちがいない。絶対に。」
・だから、ちいちゃんは、絶対に帰ってくると信じてる。

T:もとの問題にもどろう。
T:じゃあ、どうして干し飯を少ししか、かじらないの?

・お母さんが来るかどうか心配で食べられない。
・それ、おかしいよ。反対です。きっと帰ってくると思って信じているから、心配してない。
・でも、寂しくてたまらないから食べられない。
・私は、お母さんとお兄さんが、命からがら戻ってきて、食べるものも無いから、お母さんのために食べ物をとっておいたと思う。だって、絶対に帰ってくると分かっているんだから。
・お~。
・そうかあ、だから、食べたいけど我慢して、お母さんとお兄さんのために、残しておくんだ。
・いや、反対です。心配で食べられないってあるじゃん。

 

T:では、多数決をとります。

(答えは一つにならなかった。心配と、我慢がほぼ同数。)
時間がきたので、それぞれの立場で、まとめを書いてみよう。

 

 

2019年10月19日 土曜日 天竜壬生ホール/第1会議室
2019年11月9日 土曜日 天竜壬生ホール/第1会議室

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ

にほんブログ村

コメント   この記事についてブログを書く
« ちいちゃんのかげおくり⑦ 三... | トップ | 算数の黒板は、子供たちが作る »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

3年 国語」カテゴリの最新記事