高槻のええとこブログ

高槻市都市政策室が高槻のおすすめの景観について語り合っていただくブログを開設しました!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

街道と川が出合うところ

2007年01月02日 | 街路の景観
旧街道は、歩いてみればすぐそれと分かるたたずまいが今も息づいています。
西国街道と芥川が出会うところに橋があり、東西両詰めには地蔵尊でしょうか。
そして、夕空の下には西宮、さらには大宰府があるのでしょう。
これから西の町へと夕景が移ってゆきます。

撮 影 日 06.8.21
撮影場所 川西町1丁目~芥川町4丁目(芥川橋より)(地図)
投 稿 者 岩崎卓宏

↓ランキングに参加してます☆今何位か見て下さいね♪
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« あけましておめでとうござい... | トップ | 萩谷集落 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
西国街道 (タナカジロウ)
2007-01-04 15:15:54
昔の街道を歩いていけば、きっと宿、食事処に休憩処なんかが、点在しているのだろうなあと思う。

ところで、誰か西国街道を生で参勤交代された方はおられるのだろうか?

きっと昔の堤防は弱かっただろうし、橋も木製で緩やかなのだろうと思う。

当時は腰掛け石やら木陰がふんだんにあったのかな



西国街道 (芥月)
2007-01-08 01:05:53
トラバ有難うございました。
芥川橋の東詰から西方向に真っ赤な夕日が見える時がものすごく情緒あります。たまたま何度か見ていつか写真に収めたいと思っていますが、未だ叶わず…

コメントを投稿

街路の景観」カテゴリの最新記事