生きるって?(命の生存率ゼロからの回復)

劇症膵炎から多臓器不全になり、医学的に生存率0%から回復しています。
ア症と双極性障害とIDDMと日々付き合ってます。

室蘭南断酒会の勉強会です。

2016-03-31 16:20:12 | 社会
よくわかる双極性障害(躁うつ病) (セレクトBOOKS)
クリエーター情報なし
主婦の友社

ブログ村に登録しています。ポチッとお願い致します。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

平成28年4月10日
室蘭南断酒会の勉強会が開かれます。




命題は
「生きててください!!」
「死者からのメッセージ」
です。



パワーポイントでの資料作りのお手伝いをさせていただいています。

一応、出来上がりました。

まずは
アルコール健康障害対策基本法の概要からです。
これはもう約50年も前に
断酒会の祖、松村春繁氏が提唱したものです。
平成25年12月に成立し
平成26年6月に施行されます。

 

勉強前にちょっとしたウォーミングアップを行います。
自殺に関する○×式のクイズとなっています。

その後に人物紹介が来ます。
断酒会に関わった人たちです。
松村春繁氏、下司先生、村田先生、斎藤先生、原田ひろし氏などが紹介されています。
これは断酒会の歴史を語る上での貴重な資料となります。

そして本題のメッセージが出てきます。
一応匿名で書かれています。
明かしているのは
何歳代男、女程度です。

ここで重要な事は
再飲酒又は自殺でそのすべての人が亡くなっている事です。
まさに「死者からのメッセージ」です。
断酒は出来たが、家族との修復ができなかった人
断酒会大好きといって、高層ビルから飛び降りた人
などの人達が紹介されています。

そして、各偉人からのメッセージ
代表的なのは
松村春繁氏「わが屍を乗りこえて断酒幸福を・・・」(松村語録では少し違っていますが)
村田忠良先生「~にもかかわらず 信じ ~にもかかわらず 望み ~にもかかわらず 愛す」
原田ひろし氏「命をかけてのんだ酒だ 命をかけて止めぬこう」
下司孝麿先生「断酒三原則堅守せよ(通院・抗酒剤・断酒会)」

などがあります。

この勉強会は毎年開催されています。
命題はその年によって変わります。

私は3年ほど前から
お手伝いさせていただいています。

今年は体験発表もすることになりました。
体験は10年ほど前に
急性膵炎でもう命が駄目だと言われた時の事です。

微力ですが
少しは勉強会に来て下さった方たちの手助けになればと思っています。
来年も解説者の方の健康が大丈夫ならとり行われる事でしょう。
またお手伝いできたらと思っています。

コメント