見出し画像

全国の名所・旧跡を巡る旅人

屋久島トレッキング2013 -1-

皆様こんにちは。

 

今回はかなり古い物ですが、屋久島へトレッキングに行った内容になります。

まだこの時は50代前半だったので屋久島歩き挑戦しました模様。

*カメラはコンデジと携帯なので画質は良くありません。

同行は奥さんと長女

屋久島までは鹿児島からフェリーか飛行機で渡ります。

屋久島トレッキングはガイドがあった方が安全なのでツアーに申し込みを済ませ

2泊3日で2つのコースを歩きます。

今回は飛行機で羽田から鹿児島、フェリーで鹿児島港から宮之裏港の予定です。

さあ、出発

羽田空港でお会いしたサンタ軍団に囲まれた長女

天気は上々

行ってきま~す。

鹿児島空港に到着

これ飲みたいなあ

ここでハプニングが、当初の予定のフェリーが海が荒れているため欠航との情報

急遽飛行機に変更します。

上手く乗り継ぎ便が手にはいったので

時間が若干あるので空港内を探索

さて、時間になったので

おおっ小さな機体

機内の写真がなかった~

ので、屋久島空港到着から

湿度が高いのでレンズが曇ってる

バスでターミナルまで移動し

ツアーの送迎バスが待っててくれました。

って我々3人だけ

ここで、またハプニングが、家から履いてきた私の登山用のシューズが

少し小さく足が痛くなったので、急遽レンタルすることにしました。

*これが悲劇のはじまり この話しはまた後で・・・・

 

本日はこのままホテルに入り、明日早朝から歩きます

なので飲んじゃうよ

さすがに変わったものが出てきます。

↓ 貝の仲間

 

翌日の早朝

3時起きで

4時には迎えが *ボケボケだなあ

ここでもハプニング

お迎えが来ません。ツアー申し込んだ先に連絡しても早朝なので誰も出ない!

しょうがないので今日のコースを確認しながら待ちます。

その後、なんと1時間も遅れて到着(怒)

なんとか登山口到着

ホテルで用意された朝食をここで食べます。

遅れているのに何だかな~

ほら!早く出発しないと・・・

では出発です。

この遅れてきたガイドさんについていくのは我々含め7~8名です。

気分を取り直して

いや~イイ感じです。

ぜんぜん行けそうじゃん

このトロッコの線路を延々と歩きます

ブレブレのトンネルを

こっちは借り物ですが、人感センサーで電気が付くようになっています。

もうこうなると遺跡だね トロッコの残骸

いろいろ説明してくれます

まだ全然元気です。

こんなところや

余裕ですね。

雨の多い屋久島ですが、本日は大丈夫そう

山も良く見えています。

陽もだいぶ上がってきて

太い杉の木

樹齢100年位かな?

だんだん苔蒸した場所が多くでてきます。

時間がたつにつれ、この線路の枕木が歩きにくいのなんのって

ちょっと疲れてきたかな?

橋の前で何か説明しているが・・・・

神社の鳥居みたいだな

振り返ってまだまだトロッコの上です。

ようやく橋を渡り

おおっ奥さんがお疲れか・・・・・

旧学校跡 林業に従事していた人たちが住んでいた時代には学校もあったようです。

ここがちょうど中間点位

良い天気だなあ

このころ私にも異変が

苔だらけ

川が近くに

私の靴、急遽レンタルしたのですが、これが合わなくくるぶしが赤く腫れあがってきました。

触れると痛い!!!

しかし、そんなこと言ってられません。引き返せないからね。

と苔の有名な場所に

ガイドさんがこんなことしてくれました。

これは宮崎駿監督の世界ですね。

皆さんそれぞれ色々なものを苔の上において写真撮っていました。

ボケてる

でも、とても雰囲気はいいところ

光が眩しいくらい

さて、再開です。

巨木が

三代杉に到着

切り株に生えた杉の三代目かあ

ともかくいたるところに杉の大木

はて?どこだったか?

さて、足がもう痛くていたくて・・・・

腫れたくるぶしにはクッション替わりにハンカチを挟んだり、色々対応していますが・・・

説明なんか聞いていられません。

木の根っこの穴で休みたい・・・・・

そんなことには容赦なく歩かされます。

疲れも出てきました。

とようやく休憩です。

唯一のトイレが

足も痛いですが、だいぶ「バテバテ」

もう少しで折り返し地点だよ~

 

<続く>


日本全国の都道府県を廻りました。名所・旧跡を紹介しますので是非ご覧ください。

コメントを投稿するにはgooブログのログインが必要です。

最新の画像もっと見る

最近の「キャンプ・登山」カテゴリーもっと見る