トシロウのマニアック旅行記

日本全国の観光名所とご当地萌えキャラを鉄道で駆け巡る
アニメ聖地巡礼・イベントなども大公開
&ブラブラお出かけライフ

『GW休み』北近畿・鳥取・岡山の旅 2/9 ~海軍ゆかりの港めぐり遊覧船/自衛隊桟橋/舞鶴公園/丹後くろまつ号乗車~【2019.05.12】

2019-05-22 19:58:25 | 近畿
【2日目】
昨日、夜10時くらいにはベッドに入り、7:30まで目覚ましで目覚めるまでグッスリ眠ってしまいました。
今日は舞鶴赤れんがパーク付近を散策し、その後、西舞鶴に向かい、西舞鶴から京都丹後鉄道に乗って豊岡に向かいます。
朝食を済ませてチェックアウトし出発。荷物は一旦ホテルに預けさせてもらいました。

ホテルから徒歩で約15分くらい到着。


まずは土休日限定の「海軍ゆかりの港めぐり遊覧船」を楽しみます。
実は5年前の旅行の時は大雨災害の影響で列車が運休になり時間に間に合わず乗船できませんでした。
今回はそのリベンジです。

乗船券販売所でチケットを購入。予約なしでも大丈夫だろうと思っていたところ、丁度僕で11:00便が満員に。結構人気のようでした。


舞鶴は訪れてみたい日本のアニメ聖地88の一つに認定されています。


時間まで赤れんが内を散策。今日は日曜なのでイベントも行われていました。



遊覧船乗り場へ。


1F席と2F席があり、全席自由席です。やはり2F席が人気で満席に。僕は2Fのデッキで立っていました。


遊覧船のコースは海上自衛隊の艦船が停泊している入江内を約30分かけて一回りします。
尚、乗船中の案内放送は海上自衛隊OBがガイドしてくれます。
海から見るいい景色と護衛艦の迫力は圧巻でした。




遊覧船の後は自衛隊桟橋へ。こちらも土休日限定のスポットで停泊している護衛艦などを間近で見る事ができます。


見学中はこの見学証を首からさげておきます。


軍艦マニアでなくても眺めながら桟橋を歩いているだけで楽しいです。




赤れんがパークに戻り、昼食は軍艦カレー。


ホテルに戻って荷物を受けおり、東舞鶴から西舞鶴へ。
なんか見慣れない緑一色の列車でした。


(=^∇^)ノ”ばいび〜♪


西舞鶴駅舎。


ここから京都丹後鉄道に乗りますが、この後の15:30発のレストラン列車「丹後くろまつ号」(アフタヌーンティーコース)を事前に予約していました。
費用はもうクレジットで支払い済です。
京都丹後鉄道の窓口へ行って、HPからの予約した画面のコピーを提示し、乗車整理券と引き換え。あと1日フリーきっぷを購入。

ちなみに、丹後くろまつ号に乗車される方は京都丹後鉄道の1日フリーきっぷが700円で購入できる特典があります。(通常は3000円くらいでしたっけ)
今回の丹後くろまつ号(アフタヌーンティーコース)は天橋立までなので、そこから先の豊岡まで行く場合は1190円掛かりますので、ブラブラする予定がなくても特典のフリーきっぷを購入した方がお得です。

乗車時間まで舞鶴公園などを散策。


東地区は海軍ゆかりの地でしたが、こちらの西地区は田辺籠城の城下町として栄えていた地です。



アヤメが咲いていました。



丹後くろまつ号の発車時間が近づき、乗り場ホームへ。



丹後くろまつ号到着。



アテンダントさんに席を案内され着席。車内は和風でオシャレな雰囲気です。



こちらが今回のアフタヌーンティーコースのスイーツメニューです。


プロデュースしたのは舞鶴にあるレストラン「アメイロビストロアルル」のオーナーシェフ・駒井克洋氏です。
厳選された北欧紅茶や旬の食材をふんだんに使ったスーツ、とても美味しかったです。


アテンダントさんに「お写真お撮りしましょうか?」と言われたので、せっかくなので撮っていただきました。


車内を散策。

チラシコーナー。


記念スタンプコーナー。アテンダントさんから貰える記念乗車証の裏に押せます。


ショーケース。


沿線の絶景スポット「由良川橋梁」
速度を落としてゆっくり走行します。



あっという間の1時間で終点の天橋立駅に到着。
向かいには"あおまつ号"が停車していました。次はあおまつ号、あかまつ号にも乗ってみたいです。


跨線橋から丹後くろまつ号を眺める。


天橋立で1時間時間潰しをして、17:31発豊岡行きに乗車。(先ほどのフリーきっぷを使用)


綺麗な夕日。


豊岡駅到着。


宿泊場所:豊岡グリーンホテルモーリス

[3/9に続く]

コメント   この記事についてブログを書く
« 『GW休み』北近畿・鳥取・岡... | トップ | 『GW休み』北近畿・鳥取・岡... »

コメントを投稿

近畿」カテゴリの最新記事