みのろうの釣り雑記

二児の父になり子育て奮闘中!東京湾を中心とした釣り雑記です

20210620 シロギス 鶴見新明丸

2021-06-21 21:27:49 | 釣行記(シロギス)
日  付:2021年6月20日(日)
船  宿:鶴見新明丸
実  釣:8:00~14:00
天  候:北風5~7m 雨のちくもり、晴れ 
座  席:右舷トモ3番(乗船21人) 
釣  果:シロギス21匹(5尾重量473g)
タックル:絶潮竿180、カルディア2500、PE0.8号
仕  掛:胴突き2段仕掛け、ナノヤマメ7号


日曜日は新明丸からシロギスに行ってきました!
今回も仲間内での仕立て船で、例年楽しみにしている新明丸での「型狙い」ですよ◎


出船前の風景 

いつもながら凄腕メンバー続々。
私はくじ引きで右舷トモ3番…北風の上潮なのでセオリー通りなら潮ケツですが、型狙いのポイントは流れ方も独特なので、これが吉と出るか凶と出るかは行ってみないとわかりません。笑


当日の潮汐


さて、出船した船は鶴見川を下り、まずは例年の定番の角ポイントへ。

とりあえず早々に型は見れて、これが20cmオーバーなので幸先良し◎

30分ほどやって大したことなさそうなので、やや下手に動いて再開。
ここはコチでも定番ポイントですが、シロギスの反応は良くて、未開地に投げると良型交じりで好調に釣れます!

船中では23cmぐらいまではポロポロ出てますかね。。。



私も20cmオーバー含めてポツポツ

っとここでホットスポット発見!


まずは22cm


続いて23cmも!


おそらく、5尾重量のうち、下をこの辺で揃えておいて25,26cmをいくつか取れれば良い戦いになるはずなので、ここはかなり集中でしたね。
(ああしかし、捕らぬ狸の皮算用…w)



9:30でこんな感じ


その後は、10:30ぐらいに朝のポイント周辺をもう一度流してみます。
(新明の社長船長の狙いとしては、実績もある場所なので潮位が若干上がって潮も流れてる時間にもう一回やってみたのかな??)

ここが個人的にはかなりチャンスタイム。



まずは腹ポチャの23cmをゲッツ!!!


直後、もっと重量級の良型キスらしき魚を掛けたのですが・・・
巻き上げ中に痛恨のバラシ(゜Д゜;)

隣ではN山さんが23cmと22cm連発してるしww


そして、そのまま船はトモ方向に沖の方に流れてしまい、ホットスポットは投げられない位置に通過。。。

んで、ホットスポットがミヨシに差し掛かったところで、ミヨシ2番のY島さんがスポーンっと26.5cmをゲッツ!!
(あぁ~やっぱり・・・俺のバラした魚もあのサイズだったかもwww)


今にして振り返れば、あの瞬間が右舷トモ側では一番のチャンスタイムだったかなぁ…


その後は、大大大本命ポイントへと向かって1流ししますが、諸般の事情で移動。。。


その後はカサゴが釣れそうな場所やらやって、根掛かりで仕掛けロストしたり~


扇島を1周したりして小一時間クルージングタイム。
(それにしてもタコ船多いですねぇ)


再び大大大本命ポイントにやってきたのは12時過ぎ。

まずはズギュン!っと来ますが、これはタタキ過ぎだ。。。


やっぱりラーベーね(_´Д`)ノ~~


その後はタコ釣ったりww


ええと、状況としては、右舷側は浅い方を向いているのでチャンスありかと思いきや。。。

アタリが出るのは沖のポイントを打てる左舷側ばかり!!!
特にこの時間は、社長船長が均一にいきわたるように船前に出したりトモに出したり練りながらの操船だったので、左舷のミヨシは良かった印象でしたね~


んで、こちらもストラクチャー打てる場面で頑張りますが・・・サイズが伸びない。

一度、キスの引きを確信、これは25cm来たでしょ!ってにやにやしながら巻いたら・・・




上下にダブル(_´Д`)ノ~~
(かなり紛らわしいwww)

そんな感じで、右舷は盛り上がることもなく本命ポイント終了~

最後は、帰港がてら鶴見川河口の私はやったことない場所。


ここでは左舷側が岸壁を向いていて、右舷は沖側なんですが、魚の当たる筋が岸から〇m前後って感じで左舷側ばかり。。。

万事休すだったんですが、船の角度変わってトモ方向に岸のポイント見えたので、ここで空気読まずトモのお二人かわして大遠投ww


そしたら最後に奇跡的に22cmを追加

14時ストップフィッシング。



最終釣果は21匹


選んだ5匹はこんな感じ

長さは22~23cmで、入賞には箸にも棒にもですが、見える範囲ではまずまず頑張った方かと思います。。。
(魚が痩せているので重さはなさそう)



さて、検量も終わり幹事のサトさんから結果発表!


優勝  534g Aさん
準優勝 520g Mさん(最大賞27.0cmもゲッツ)
3位  514g O師匠


11位  473g みのろう(^^;)

ということで、今回は平凡な結果となってしまいましたが、自分の席でのベストは尽くせたかなと思います!
(唯一、あのバラシがもったいなすぎましたが・・・)

当日の釣果を見ると、1~10位のうち7人が左舷側。。。
右舷で10位内に入った方3人はいずれもミヨシより(右ミヨシ、2番、4番)といことで、今回は左舷~ミヨシ有利という展開が如実に成績にでました。。。

しかし、上位入賞した方は座席の運だけでなく、しっかりチャンスタイムをものにしたということですから流石です◎
(5尾揃えるのって大変なんですよね、、、ラッキーヒット1発だけでは勝てません)


まあそんなこんなでしたが、やっぱりハイシーズンの浅場の大型狙いは楽しい。。。
新明丸の仕立て船は年に一度の恒例行事なので、また来年も楽しみにしています!
(いつもながら幹事・運営の皆様ありがとうございました)




コメント   この記事についてブログを書く
« 20210617 長崎県長崎市でち... | トップ | 20210625 夜アナゴ 羽田かみや »

コメントを投稿

釣行記(シロギス)」カテゴリの最新記事