みのろうの釣り雑記

二児の父になり子育て奮闘中!東京湾を中心とした釣り雑記です

20170623 イサキ 金沢八景一之瀬丸

2017-06-24 23:03:33 | 釣行記(イサキ)
日  付:2017年6月23日(金)
船  宿:金沢八景一之瀬丸
実  釣:8:10~15:00
天  候:北東風のち南東風3~7m
座  席:左舷ミヨシ(乗船22人) 
釣  果:イサキ24匹(竿頭)、アジその他
タックル:金剛太刀魚1.85、フォースマスター401、PE2号
仕  掛:サニーカゴFL60号、天秤、ハリス1.5~1.7号2.8m/自作ウィリー


昨日は金沢八景一之瀬丸から、イサキ船に初挑戦してきました!!

この釣り、タックルはLTアジ用でも十分ですし、コマセ系の釣りは好きなので、一度やってみたかったんですよ~(^^ゞ
(皆さんのブログの影響もかなりありますね)



前日にウィリー作って準備万端。笑


それで、有給も無事取れて、メールで予約も済ませ意気揚々と出撃!≡≡≡ヘ(*--)ノ


平日だし、そこそこ空いてる船で快適に釣りできるかな?

しかし船宿に着いて愕然w











イサキの札ほとんど残ってない…人気船宿舐めてましたw


(後から知ったのですが、一之瀬丸はシニア割りってのがあるらしく、そういえばご年配の方が結構いらっしゃいましたね。船長さんも皆さん親切でクーラー運んでくれたりするので、人気も頷けます。)




それで、私が席札とってからもお客さん来るわ来るわ。。。汗

最初は左舷胴の間に席を取っていたのですが、出船間際に2人組のお客さんが左舷に入るというので、船長さんに張り出しでやってよいか聞いたらOKとのこと◎



釣り難いけど、張り出しならオマツリフリーで釣りできそうですよε=( ̄。 ̄;)



それで、定刻にいざ出船!!

一路イサキの一級ポイント、剣崎沖の松輪瀬へと向かいます。


金沢八景は自分的には結構南に位置する船宿ですが、それでも岸払いしてから剣崎沖は航程約1時間ですから、やはり遠いですね~!

(行きに寝れればよいのですが、釣りが楽しみワクワクでいつも寝られない私w)




おお~!船団見えてきましたよo(^-^)o


それで、本船もいよいよ船団に入り釣り開始の合図!!

指示タナは20~14mくらいだったかな?
やはり瀬の上だけあって、かなり沖合ですが浅いですね。


開始早々アタリあって、これはいただき!?って思ったらバレた…汗


んで、船中で上がったのがマルアジ。

私もこれですかね~



やっぱりマルアジでした。笑


んで、しばらくここでやりますが船中イサキは型見た程度。



ここで移動の合図がでで、船団を離れて単独操業です。


次のポイントの指示タナは47~40mくらいだったと思いますが、深めのポイント。

いくらも走ってないのに、水深こんなに変わるところが、やはり瀬の海ですね!




イサキのメインポイントは松輪瀬の先端部の「吉野瀬」

沖合に突き出た瀬なので、潮が早いのも良くわかりますね。

それと、吉野瀬は図の通り狭いポイントなので、ネットの事前情報によると本当に良いポイントは出船時間の早い松輪の船が入ってしまい、八景や久里浜の船はその周りでやるしかないようです。

船団の端っこで我慢するだけじゃなくて、深場へ移動って選択肢があるのは良いですね~



んで、ここでの最初の投入ではいきなり重量級の魚が!!!


イシダイか、はたまたメジナかな~(^m^)

な~んて思って慎重に巻いてきたのですが…



水面に見えたのはでっかいアジ(@_@;)


嬉しいですけど、脂がなさそうなのでフクザツな気分ww

その後も中アジはぽつぽつ釣れて、船中ではイサキも出始めた様子。


私も欲しいですね~って思ったらアジと微妙に違う魚信!!




やりました、イサキゲッツ◎

ウリンボサイズが一般にどのくらいか分かりませんが、20cmくらいあるのでウリンボの中ではちょっと良いサイズかな?
体高もあって見るからに旨そうですね~笑





その後、ここではアジとウリンボでポツリポツリ♪


この調子で釣れればよい感じかな~?って思いますが…



ほどなくしてサバが回ってきてしまい、船中オマツリ騒ぎ(^^;)



私も仕掛け一組やられましたw



それで、止む無く最初の船団方面に戻りますが…

朝よりもかなり潮が早くなっていて、これは厳しいですね~汗



道糸がトモ方向にぶっ飛んでます。

これでコマセなんか巻いても、速攻で仕掛けから離れちゃうでしょうから、非常に難しいですね。


加えて、ここまでで気が付いたのは、どうやらお魚ご機嫌ナナメ(^^;)

船団見てても、たま~に一級ポイントの松輪の船が釣りますが、そのほかはシーン。

それで、しばらく粘りますが状況好転しないので再び深場へ。




ここで私は奇跡の4点パーフェクトがあり期待しますが…

その後、数匹釣れるものの続きそうで続かず。

イマイチ盛り上がりません(^^;)




11時半でアジが10匹、イサキもバケツに10匹


んで、そろそろ松輪の船が帰港するだろう時間に、本船は再び吉野瀬の浅場へ。




朝からず~っと同じ場所でやっている松輪の船が…



帰港していきます!

この時を待ってましたΨ( ̄∇ ̄)Ψ笑



タイミングよく流し換えで良い瀬の上に入り、これは期待できるか!?












やはり潮もトモ方向へ早くて、食い悪いです(^^;)


ただ、船長さんのアナウンスでは、「今ポイント的には良いところ入ってます。潮が気に入らなくて食ってないだけだと思うから、しばらく船止めて粘ってみますからね」と。


魚がいるのは間違いないので、ここからは手を変え品を変えて頑張りますw



そしたら偶然のヒット!!


これがちょっとしたヒントになり、、、


先端にエサ付けられるようにカスタマイズした仕掛けで、棚決め打ち作戦でポツラポツラ拾えるようにo(^-^)o


実はイサキ初めてですって伝えたら船長さんが実釣前にアドバイスしてくれてて、

・アジ釣りしてるなら大丈夫!
・中層のアジ釣りだと思って
・指示タナは広めだけど、食ってくるタナは結構決まってくるから、そこを重点的に
・シャクリは大事!しゃくってしっかり止めること。

なんてことを教わっていたのですが、特に「中層のアジ釣り」って言葉がかなりしっくりきまして、そんな釣り方がハマりました!

(全長3mの仕掛けで、決め打ち棚の下から3m、2m、1mでコマセ振って棚で止めるって感じです)




順調に溜まっていくバケツ


この間、船中ではあんまり釣れていなくて、結構独り舞台てきなところもあり、これがあるから船釣りは楽しいです(^^ゞ

(反面、周りが釣れてるのに自分が釣れないこともあり、これが地獄でもありますがw)



そして、最後の最後はちょっとペースダウンしちゃいましたが、


最終釣果は24匹で竿頭いただきました~◎


サイズ構成はこんな感じ

(ほとんど20㎝前後で揃ってましたね)


渋い日でしたが、最後に釣り方ハマって打開できて良かったです!

やはり、初めての釣りは船長さんに色々聞くに限りますね~

(ここの船長さん、親切で釣り上手そうです、へた釣りさんがべた褒めするのもわかります)



この釣りも状況に合わせたシャクリ・コマセワークでかなり差が付きそう…
楽しい匂いがプンプンしますね。笑

漁期が6~8月の3か月間で、特に釣れるのは8月みたいですが、最盛期のマゴチと被っちゃうのがなんとも悩ましいところ。

でも、イサキ食べたらメチャクチャ美味しかったので、食べたくなったらまた行っちゃいそうですw




【追記】
帰港後、同船した方から「ブログ書いてますか?」って声かけていただきまた(^^ゞ
ありがとうございます、励みになります。

またどこかで会う機会がありましたらよろしくお願いします♪





コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 20170618 午前マゴチ 八幡... | トップ | イサキの刺身・炙り »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
型よかったけど… (へた釣り)
2017-06-25 20:48:41
今日行ってきましたが……31匹まででした。残念。
>へた釣りさん (みのろう)
2017-06-25 22:41:01
コメントありがとうございます(^^)

釣行記拝見しましたよ~良型いっぱいで羨ましいです!!
31匹釣れたら十分じゃあないですか♪

やはり雨の日は空いてるしねらい目ですね…笑

コメントを投稿

釣行記(イサキ)」カテゴリの最新記事