みのろうの釣り雑記

二児の父になり子育て奮闘中!東京湾を中心とした釣り雑記です

20210530 シロギス 金沢八景荒川屋

2021-05-31 22:30:32 | 釣行記(シロギス)
日  付:2021年5月30日(日)
船  宿:金沢八景荒川屋
実  釣:8:15~14:00
天  候:北東 2~4m 晴れ 
座  席:右舷ミヨシ(乗船21人)
釣  果:キス31匹(5尾重量510g)
タックル:絶潮竿180、カルディア2500、PE0.8号
仕  掛:胴突き2段仕掛け(ナノヤマメ7号)


昨日は荒川屋からシロギスに行ってきました!
今回は仕立て船で、5尾重量の型狙いですよ◎

出船前にくじ引きで座席を決めるわけですが、今回引いた番号は右舷ミヨシ2番。。。
当日は北東風&下げ潮ですが、キワ狙いの操船だとどう流れるかわからないので、四隅に近いのはまずまず良い席ですね。


当日の潮汐



出船前の風景
(左ミヨシを引いたヤス君、やる気満点。笑)


さて、8時出港の予定でしたが乗船者集まっているし、みっくん船にて少し早めに出港~

船長に事前にインタビューしたところ、八景&横須賀方面でちょろちょろやります!とのことで、宣言通り船は港前の極近ポイントからスタート!

1場所目は船中不発だったので、少し場所を変えて際回りで再開。


ここではシロギスの型出すも、サイズはイマイチでフグも多め(^^;)


そんな中、私はとりあえず22cmが釣れて幸先良し◎



んでその後は9時過ぎくらいから堤防回りへ

船中ではカワハギやらアジやら根回りの魚が飛び出してシロギスもちらほら。
そんな中、左舷胴の間のN山さんが「ポーン」と本日最大魚となる26.8cmをゲッツ!

ここでは左舷トモ方向に流れるので右舷は潮ケツですが、私は流し換え後のチャンスタイムに22cmをゲッツ。

これで釣れる筋が分かって、遠投で場所追いかけていく作戦にてまあまあサイズ(22~23cm)を連発!!(;`O´)o/


序盤にまずまずサイズ5匹釣れたのは大きいです◎



みっくん船長もこの周辺はじっくりの構えで長めにやって、10時半頃に移動合図。


ここまでで数は9匹

型狙いだけあって魚影は薄いので、船中でもなかなかシロギスが上がりませんが、私は比較的好調に釣れてるイメージですね。


その後は横須賀方面に南下。


どこ行くのかな~と思ったら、実績ある港周辺。


と思ったら港内クラゲ大漁で断念。笑
(みっくん船長の操船的に、水深とかも気に入らなかったのかな?)



そんなわけで、やってきたのはおそらく最終目的地、モンキーアイランド


慎重に位置取りを決めて、航路周辺からスタート!

ここは勝負所と読んで鼻息荒くやっていると、右舷トモのN岸さんが26cmを上げた模様。

こちらも頑張りたいところでしたが、この周辺はかなり起伏が激しくて、ちょっと投げると水深はかなり変わりますね。。。
N岸さんの釣った魚がどのくらいの水深かわかりませんが、とりあえずミヨシは島ではなく沖を向いているので、投げすぎるとドン深でアタリ出ない。笑


釣れても検量サイズ外

もちろん、そうなれば船下周辺も我慢しながらやりますが、ここでは船が左トモにズレるような動きで、手練れが乗っているだけに潮先側で釣られるとアタリ遠いです。
(特に右舷胴の間はアタリの出方が地獄のような光景でしたww)


んで、ここではじっくり2流ししてから、11時半頃に島に沿って移動して再開。

個人的にはこのポイントが2回目のチャンスタイム。。。


1投目でズババ!っとラインが走って、一呼吸して合わせるとこの日一番の引き!!(;`O´)o/


これが24.5cmで、この日の私の最大魚

ここは集中してやっていると、23cmも釣れて、5匹目は入れ替わったかな?

その後再び、結構な重量感と共にデカい魚掛けるも・・・痛恨のバラシ!(゜Д゜;)
(この日一番悔やまれるシーンですw)


ええと、結論から言えばこのシーン以降は盛り上がることはなく。。。
以降、猿島回りで2か所ほど流し込み、ベラ、カサゴ、メバルとかなり良さげな根回りでしたが結果的に大型シロギスは出ず。
(23、24cmくらいまでは船中出たとは思いますが)


特にメバルは、大型シロギスと引きが似ているので2回ほどぬか喜びしましたw



13時過ぎに八景に向けて移動です


最後の最後は、朝の堤防回りをやって、入れ替え成功した方もいらっしゃったようですが私は入れ替えならず。
14時ストップフィッシング。



私の釣果はシロギス31匹で数ではトップ

5尾重量も、船中見える範囲では揃えているという感触。


桟橋での検量



成績発表

結果、序盤に26.8cmを釣ったN山幸さんが532gで優勝!
ちなみに、2位が510gで私、3位が477gでトムさんという成績でした◎

このメンバーで2位はウレシイです!

当日の釣りを振り返ると、2段胴突き&細イソメ2本掛け&長待ちの釣りで手が合い、釣れた場所に遠投爆撃作戦でうまく拾って行けたかなと思います。
やった場所は全体的に魚影が薄かったので、数少ないデカギスははっきり言って早い者勝ち状態!
(手合いが乗っているので尚更ですが。。。見ていると潮ケツはいつも以上に不毛地帯w)

なので、流し換え直後はかなり集中集中でやりました。
ミヨシ2番で、未開地に投げられるのが幸いしましたね。


やっぱり型狙いのシロギスも楽しいです。




コメント   この記事についてブログを書く
« 「4日マゴチ」の炙り刺身 | トップ | 20210607 夜アナゴ 羽田かみや »

コメントを投稿

釣行記(シロギス)」カテゴリの最新記事