みのろうの釣り雑記

二児の父になり子育て奮闘中!東京湾を中心とした釣り雑記です

20190523 夜アナゴ 羽田かみや

2019-05-24 23:06:34 | 釣行記(アナゴ)
日  付:2019年5月23日(木)
船  宿:羽田かみや
実  釣:18:35~21:20
天  候:南風 3~5m 晴れ 
座  席:右舷ミヨシ2番(乗船10人) 
釣  果:アナゴ19本(竿頭)
タックル:アナゴ竿120、ベイゲーム151DH、150DH、PE1.5号 二セット
仕  掛:釣鐘オモリ25号、ウナギ針11号、ハリス5号


昨日は羽田かみやからアナゴに行ってきました!

大好きなアナゴ釣り、昨年は好調に釣れてましたが、第二子誕生したばかりだったため、指を抱えてみてるだけでした、、、

そして今年はちょっとイマイチ気味の釣果ですが、やっぱり小突きたいということで出撃してきました(^^ゞ



出船前の風景


今回は急きょの出撃だったので、出船10分前に急いで乗船!≡≡≡ヘ(*--)ノ笑


O名人の隣の右舷のミヨシ2番が空いていたので、ご挨拶してここに入れてもらいます。

ちなみに潮汐的にははっきり流れるかどうかもわからず、座席の優劣がどうなることか?


当日の潮汐




私の乗船が最後で、人数揃ったということで定刻の少し前に出港!


急いで竿にガイドを通し、仕掛けを準備する私ww

しかし、やはり夕マズメに出港するこの独特の雰囲気はなんともワクワクしますねo(^-^)o



準備をしていたら、あっという間に木更津に到着



アンカーが入って、いよいよ開始合図


これまでの今シーズンの釣果や、前日の釣果(0~11本)を考えると、目標5本、最低でもオデコは解除したいなぁと考えていたところ・・・

小突いていた竿に「ガツガツっ!」っとアナゴのアタリ((*゚▽゚*))



鬼合わせが決まって1本目ゲッツ◎


小ぶりですが、とりあえず顔が見れて一安心ですよ。笑


んでその後はというと、ポツポツと当たってくれて思いのほか好調モード(^^)v


開始40分のバケツ

お隣のO名人はもちろんハイペースで釣ってますし、船中でもアナゴが結構な頻度で上がってます。

その後はロープ伸ばし作戦で、場所をちょっとずらすとこれまたポツリポツリ◎

開始1時間10分ここで粘って最初の流し換え合図です。


そのときのバケツ

9本だったかな?すでに当初の目標もクリアして、この時間でこれなら万々歳とホクホクモード。笑


それで、移動後にはポツンと顔は見るのですが、1カ所目ほど釣れ続ける状況ではなく、まあ今シーズンの本来の釣れ方がこんな感じかな??



8時半 最初の捌きで11本

お隣のO名人は14本だったので、十分なペースで釣れてますね◎



しかし、流し換え直後にO名人は必ず釣るので、やはりやる気のある魚に対しての小突きのアピールは流石です

(ちなみに、潮の流れとしては右舷側~右舷トモに流れており、私の方が潮先側の席・・・)


ただ、最後の2流しかな?

なぜかここで私が好調モードに突入!!(;`O´)o/


ぶんぶん遠投して両手持ち2本竿のどちらかに当たって回収ってな投入が多くて連荘も。

この時間は大事過ぎるので、写真撮る暇もなく釣り切り・・・


2回目の捌きでO名人と16本で並び、、、

終了間際、3回目の捌きで自分でも驚きの3本追加(@_@)



最終的には19本で竿頭に!!




かみやのブログにも載せていただきました(^^)v


いや~自分でも出来過ぎの釣果でした。

最後の連荘の要因を想像すると、右舷トモ流れの中で、ミヨシのO名人の投入先のさらに潮先側に遠投していたので、それが功を奏したのかなと。

それと、私の撃沈パターンとして、投げすぎ&動かし過ぎってのがあるのですが、今回は小突きによる仕掛けのズレ具合と魚の餌を追う速度が適度にマッチしたのかもしれません。
(これは魚の活性に合わせないといけないので非常に判断が難しく、未だによくわかっていないのですが…)


それにしても、久々のアナゴ釣り、やっぱり楽しかったです。。。

社長船長に聞いたところ、このポイントは試し釣りでやってみたけど小さいのばかりだったから、しばらく温めていたみたいです。

乗合開始後は初めての場所で、新規開拓成功ってことで、最高のタイミングで乗船できた感じ・・・

前回マゴチボウズで凹みましたが、まだ海の神様に見捨てられてなかったです。笑

また行きたいですね~!!(;`O´)o/





コメント   この記事についてブログを書く
« 20190511 マゴチ 八幡橋濱生丸 | トップ | 久々のアナゴ料理 »

コメントを投稿

釣行記(アナゴ)」カテゴリの最新記事