トシコロのありのままの暮らし


  世田谷カフェとの交信の必要性で、登録しました。それ以外の皆さんもよろしくお願いします。

伊藤まつさんの短歌の紹介

2017-02-27 13:51:26 | 日記
 八王子に四十七年ぶりに訪づれし、苔むす父母の墓に涙とまらず。





 これは1984年11月に作られたものです。ハンセン氏病元患者のまつさん最後の短歌でしょう。まつさんは八王子市で生まれ、ご両親のお墓も八王子のお寺にありますが、そこに84年11月、学生ボランティアに介護を頼んで連れて行ってもらい、そこで詠んだ短歌です。八王子と全生園は比較的近いですが、ずっと行けなかった。何でしょうね。ライ予防法もあれば、世間の偏見の目もあり、行けなかったわけですね。


 僕はその時は同行出来なかったですが、報告話をしてくれた時のまつさんはうれしそうでした。念願がかなったと。その後、拒食症になり、85年4月24日に天国に行きました。

  以上の短歌と事実を、国会議員含む、多くの人たちに伝える事ができて、僕も光栄に思います。ただ、その短歌を噛みしめて下さい。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 番組の推薦 | トップ | 初めに揺らぎありき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事