トシコロのありのままの暮らし


  世田谷カフェとの交信の必要性で、登録しました。それ以外の皆さんもよろしくお願いします。

感受性

2018-12-31 15:12:02 | 日記
  これこそ、日本全体・個人個人が良くなるカギかもしれない。万葉集の通り、日本は感受性豊かな文化を持ってきたが、いつの間にか、各方面で廃れたようである。高校時代(70年代前半)に読んだ薬師寺管長だった高田好胤和尚、数学者の岡潔氏の随筆集、文芸評論家の亀井勝一郎氏など、多くの本にそれに通じる事への警告が書いてあった。岡潔氏は「情緒」、高田和尚は「心」という言葉を使ったが、基本的には情緒である。亀井勝一郎は当時から「今の恋愛は肉体のスポーツになった」と厳しく批判している。3人共、更に情緒が日本から失われると、大変な事になると警告もした。但し、当時はインターネットがなかったから、読書愛好者にしか伝わらなかった。高田和尚はテレビにも出演されたが、警世には限界があった。


  思えば、それから5年後に僕が福祉会やS園で見た事も以上の現れの一つだったようだ。例えば、S園。82年に身障ミニコミ誌が伝えていたが、外部から来た男性に恋をした女性身障園生に対して、一人の職員が「自分の事もできないのに」と言って、食事抜きのイジメみたいな事をしたそうだ。勿論、全部の職員がおかしかったわけではなく、恋愛などにも理解があった職員もいたが、以上の職員もまともな感受性を持っていたら、しなかっただろう。また、巷では、サークル活動、つまり、何かを通して友人や恋人を作る事が流行り、その「何か」の一つにボランティア活動みたいな事も入っていた。無論、そのような事をしても、ボランティア活動は勿論、友人作りや恋人作りも中途半端になり、何もできないわけだが、こうなった理由の一つも感受性欠落。まともな感受性があれば、そのような曲がった事をしなくても、友人も、恋人も作れるわけであるが。そのような事をすると、人と付き合う事もできなくなるわけである。

  そして、80年代後半。日本はバブル景気。「金満」という言葉が流行り、例えば、金箔うどんなどもテレビで放送された。浮かれた人が多かったわけ。僕は思うが、そこで更に感受性を失う人たちが増えたと。お金主義の冷たい風潮に日本はなっていった。当たり前だが、バブルはすぐはじけたが、多くの人たちの感受性は回復せず、いつの間にか、「自己責任」という言葉が曲がった意味でも使われ、感受性が回復するかと思われた東日本大震災の時もそうはならなかった。大体、震災後も感受性の問題に世間は気が付かなかったわけである。

  学校の問題も。先生も、生徒も感受性を忘れれば、イジメも公然と起きるわけだ。今の高齢者福祉関係の虐待とかも。非恋愛とか、離婚の件も。親子不和。

  その中、「死」を意識した高齢者たちの中には感受性も強まり、その現象の一つとして恋愛も。でも、感受性を強める方法は「死」だけだろうか。他にもある気がする。まだ僕にも判らないだけで。とにかく、感受性は取り戻さないと日本に未来はないとも思われる。

  もう一つ。第二次大戦中の日本社会にあった精神主義は感受性に基ずくものではないから、そには注意したい。感受性は人間の弱さ自覚から来るが、戦時中の精神主義は「人は強くあれ」という軍国思想が根にあるから、全く別のものである。心を強調すると、「強くあれ」みたいな事を思う人も今もいるようだが、それもおかしいと思う。気を付けたい。いつの世でも、人は弱いわけである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 高齢者恋愛を改めて想う | トップ | 年賀 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事