★LABO cafe★

日々発見の毎日を、ぽつぽつと綴ります。お菓子作り、フラメンコ、音楽フェス、入院日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

さんにん展2014のアイシングワークショップ

2014-09-28 08:45:39 | 出展、イベント
【LABOcafe】のtoshimixです。
さんにんいろいろ展で開催するお菓子ワークショップのご案内です。



-----------------------------------------------
甘く危険なおばけ企画!?
★ハロウィンオレオポップをつくろう★
-----------------------------------------------
奇才ティム・バートンの《ナイトメア・ビフォア・クリスマス》に登場するかぼちゃ大王ジャックとサリー、悪そうなパンプキンもつくります。
3組のオレオクッキーポップにアイシングクリームでお絵描きしていただきます。ユーモラスに自由に描いて、楽しくハロウィンをお祝いしましょう!!

-----------------------------------------------
日時:10月25日(土)16:00~17:30
   10月26日(日)16:00~17:30
場所:さんにんいろいろ展会場 ギャラリー隣接のホール内
定員:10名くらい
費用:1,000円(クリアケース付)
◎参加ご希望の方は、コメントやメッセージなどでご予約ください。
※お時間は余裕を持って設定しております。
※クリアケース付きなのでそのまま飾っていただけます。
※小さなお子様も、はじめてアイシングされる方も慣れた方も
きっとお楽しみいただけると思います。
みなさまのご参加お待ちしておりますー!!

☆さんにんいろいろ展の最新情報はこちらからも!
コメント

さんにんいろいろ展2014

2014-09-23 17:20:33 | 出展、イベント
今年で6回目となる『さんにんいろいろ展』です。
もうライフワークとなっております。
5周年の昨年より、さんにんもパワーアップしている、、、はず!
ことしはスペシャルゲストに『しま食堂』さんもお迎えして
ランチどきの、みなさまもおなかも大満足していただけます。
もちろん、さんにんのおなかも!

そして、わたくしLABOcafeは、会期中に
アイシングクッキーのワークショップを企画しております。
詳細が決まり次第、ご案内させていただきます。

カンタンで楽しいワークになる予定ですのでお楽しみに!




--------------------------------------------------------------------------------
2014年 10月24日(金)・25日(土)・26日(日)
場所 ◎ スペース スプラウト(下北沢)
時間 ◎ 12時~20時 ※ランチはなくなり次第終了
--------------------------------------------------------------------------------

スペシャルゲスト ◎ しま食堂
お洋服 ◎ pavan-ti(パバンティ)
お菓子 ◎ LABO cafe
羊毛フェルト ◎ ナナオト
コメント

KAWAGOEキャンプ

2014-07-07 06:48:10 | 出展、イベント
はじめましての「川越」で、はじめましてのみなさまとグループ展をします。
KAWAGOEキャンプ

ギャラリーは楽しい夏のキャンプ場に変身します。
ちょっと遠い方も多いと思いますが、小旅行気分でキャンプのテントに遊びにきてください。



【日時】
7月15日(火)~21日(月)11:00~19:00(最終日は17:00まで)
※私とマフィンは19(土)~21日(月)在廊です。
※クッキーは15日(火)~21日(月)の期間中ずっとあります。

【開催場所】
*旧asian gallery GREEN CRAFT*
《住所》〒350-1122 埼玉県川越市脇田町3-17
http://goo.gl/maps/4hzrg
(川越駅東口から徒歩2分)
--------------------------------------
■ nommy
・ユーモラスなぬいぐるみ「カエルさん」と「ヨシヲ」
■ Colorful earth
・手漉きの独創的な和紙でつくられた雑貨たち
■ nimu
・ほんわか愛らしい羊毛フエルトの動物たち
■ LABOcafe
・カラフルなアイシングクッキーとマフィンたち

Facebookをご覧になれる方は、こちらもどうぞ。
イベントページ『KAWAGOEキャンプ
コメント

ある精肉店のはなし

2014-04-23 00:17:32 | シネマ
下高井戸シネマで毎年恒例になっている一週間。

『優れたドニュメンタリー映画を観る会vol.30 ~もうひとつの家族~』
今年は日替わりで全11作品が上映されています。
公開前夜祭では『ある精肉店のはなし』と監督、プロデューサーによるトークショーがありました。


大阪の被差別部落の名残りある町の精肉店。
差別を受けてきた父の姿を見て育った家族。
代々、家業を継ぎ、生活をしている。
なにより明るい。

100年もの歴史ある屠殺場がもうすぐ閉鎖となる。
牛舎から連れて行かれる牛の姿は
最期に気づいているのかなんともせつない。
手塩をかけて育てた牛の頭にハンマーを落とし、ナイフ一本で皮と身を切り離す。
ドキュメンタリーならではのストレートでウソのない映像。
冒頭のこのシーンは観ているのがつらくなる。
もちろん、育ててきた人達のほうが何倍もつらいだろう。

なにも知らない、想像はできてもやはり知ることのない世界。
美味しい肉ははじめからきれいにパッキングいるわけがない。
なにも考えずに無意識にいただいてる私たちのほうがよっぽど残酷だ。

一頭の牛は、どの部位も余すところなく加工され無駄がない。
脂は石鹸の原料、アブラカスはお好み焼きの隠し味、皮はなめしてだんじり祭りの太鼓になる。
大切に工夫して、試行錯誤して使い切る。

「いのちを食べて人は生きる」
まさに生き抜いているのは牛であり、
この家族だなと思う。

食卓のシーンは、飾りっけのない台所で
揚げたての天ぷらをお皿に盛るのもつかの間、すぐ食べてる。
サクサク音がする。
みんな笑ってる。

大好きな映画『eatrip』を思い出した。
食べることは生きること。
誰かととつながりたくて。誰かといっしょに、人は食べたいと思う。
素直においしいと感じ、ごちそうに純粋に感謝すること。

最後に、いよいよ閉鎖となる屠殺場の最後の日。
冒頭と同じ、牛が連れて行かれるシーンからはじまる。
でも、今度はちゃんと背けずにみれました。
慣れた訳じゃない、気がします。
コメント

デイジーとさくらのリースクッキー

2014-03-15 17:38:48 | アイシングクッキー
今週から週末クッキー職人がはじまりそうです。

今朝のクッキーはこんな感じ。


ミッション1
ヘアサロンの開店祝いプレゼント


お祝いの気持ちをこめてCDサイズのリースをつくりました。
まだ開花宣言でないけど、桜に見立てて。

春らしくことりも。
ウグイスは梅ですかね。あ、これはただの黄緑のことりです。
中心には、友人にいただいたクッキースタンプ使ってみました。
ちゃんと押せるんだなぁ。

仕上げにピンクと黄緑のリボンがあったのでつけたら
リース度アップで華やかになりました。

こちらは、美容院のアイコン風。

デジタルっぽいアイコンじゃなくちょっとレトロなアイコンです。

右下のデイジーは、オーダーとは関係ないのですが最近買ったクッキー型です。
型の中心が昔のシャンプーブラシっぽい。


バネになってて、この模様がスタンプされる優れもの。

バラやチューリップもあるみたい。

こんな風に焼けて面白い。


やっぱり色使いも自然と春です。
お花も作りたくなります。

いつもながらローテクですが
ローテクならではの発想力を磨きたいな。
でも新しいことにも挑戦したい。

なんて思考も春っぽいね。
コメント