風のうわさ

気ままな私の独り言

くるみ

2018年11月12日 | 手作り

信州旅行の後、写真展、テニスの試合と行事が続き

そして今日は我がテニスクラブの納会だ。

 

先日仲間がクルミを持ってきた。

なんでも彼女のご主人が河原で拾って来たらしい。

「鬼怒川の川べりにいっぱい落ちているそうだよ。」と彼女は言う。

「鬼怒川と言っても長いし、いったいどこなの?」

 

 

そして誰もクルミの取り扱い方がわからない。

どうやったらいいんだろう?

すると仲間のAさんがおしえてくれた。

 

クルミを鍋で煎ると

クルミに少しすきまができる。

そしてとがった部分を金づちでたたくと

きれいに半分に割れるようだ。

そして実をほじくり出す。

 

そんな訳で今日の納会の時に

Aさんが〔こんにゃくと人参のクルミ和え〕を作ってきた。

学生の頃 長野県伊那で過ごしたことがあるAさんの話によると

おめでたい席には決まってこの料理が出たそうだ。

 

へーぇ、 〔こんにゃくと人参の白和え〕なら知っているけど・・・

でもこれはお葬式の時だったよね・・・

 

 

 

所変われば品変わる。

色々な場所の色々な食文化

面白いねぇ。

 

 

 

 

そしてクルミ和えはとてもおいしかった。

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 軽井沢~小諸~小布施(5)岩... | トップ | チャペルコンサート »
最近の画像もっと見る

手作り」カテゴリの最新記事