風のうわさ

気ままな私の独り言

地産地消を考えた。

2019年01月14日 | エッセイ

先日 兄との話から。

 

今大型スーパーができて小売店がどんどんつぶれている。

 

しかしアマゾンの通販を利用する人が増え

スーパーもそのうちつぶれていく・・・

 

税金はアマゾンがアメリカやその他の地域(事業所を置いている場所)に支払い

日本には税金も入らないし

(これは問題だ)

スーパーも無くなるから雇用もなくなるとか。

 

 

小売店は規模が小さく効率化できないため

かえって雇用を生むのだとか。

 

 

じゃぁ、私にできることはできるだけ地元の小売店を利用することなんだ。

 

 

お正月の話で

ふるさと納税から納税先の地域が特産品がないばかりに

アマゾンの商品券を出した…という話から

こんなことが話題になった。

 

世の中のお金のからくり

詳しいことはよくわからないけど

私たちも便利ばかり追いかけていると

気付いた時にはもう遅いかも・・・と

そら恐ろしい気持ちになった。

 

今、私たちにできることは地産地消、

地元のお店を愛することだ。

 

 

    

 

 

今日はジョウビタキが来た。 ふふ

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 新年っと言ったら新年会 | トップ | バナナパウンドケーキ »
最近の画像もっと見る

エッセイ」カテゴリの最新記事