東野としひろ活動NEWS

東野としひろの活動報告やメッセージをお届けします。

第12回西脇高齢者大学写真講座生作品展

2018-10-15 05:42:32 | 地域行事
 10月13日、気持ちの良い秋晴れの一日でしたね。西脇市内各地で、様々なイベントが催されました。
 茜が丘複合施設みらいえの多目的ホールでは、第12回西脇高齢者大学写真講座生作品展が12日~14日の3日間開催されました。私は初日の12日に伺いたかったのですが、所用があり13日の昼過ぎに伺うことができました。
 今回の写真展は、20名の講座生と講師の梅田邦彦先生の21名が、「私が見つけた西脇この一枚」と題して、西脇市内の気に入ったスポットを写真に撮られています。私は、皆さんがどこを選ばれたのかを楽しみに見学させていただきました。



 村上ひとみさんの『橋ものがたり』は、杉原川河川敷から夜の蓬莱橋や街並みを写されていました。三村嘉昭さんの『第2の元乃隅稲荷神社』は、明楽寺町にある稲荷の山門に続く赤い鳥居を撮られています。圓井才彦さんの『冬のコテージ』は、黒田庄町門柳の日時計の丘のコテージを撮られています。松原清和さんの『姫滝』は、板波町付近の野間川を撮られています。朝倉隆行さんの『帰路』は、野村町しばざくら通りの夜景を撮られていますが、大都会かなと思いました。



 稲見重子さんの『童子山』は、西脇区の誇る童子山を撮られていました。井本初美さんの『通学時』は、堀町の子どもたちの通学風景を撮られています。來住實さんの『エントランス』は板波町を、金高駿機さんの『桜つつみ』は西脇区を、神月祥江さんの『路地の灯り』は西脇区を撮られていました。
 笹原浩さんの『忘れられた駅舎』は廃線になった鍛冶屋線羽安駅を、高岡峯子さんの『西光寺谷川』は中畑町の谷川を、但田孝吉さんの『谷町田園』は谷町の美しい水田を、東田敬子さんの『安楽寺の春』は鹿野町にある安楽寺の桜を、徳岡千津子さんの『神秘』は大垣内を撮られていました。
 中植千恵子さんの『新緑へ続く道』はカルチャセンターの噴水を、藤原田鶴子さんの『伝説の婆婆岩』は私も初めて見る不思議な岩を、船田成子さんの『みらいえ』は西脇の名所になったみらいえを、堀池幸子さんの『春霞』はJR黒田庄駅に到着する電車を撮られていました。
 梅田邦彦先生の『西脇北バイパスの橋桁』は、津万平野に建設中の西脇北バイパスの橋桁を写されていました。橋桁は、バイパス工事が中断され長年放置されていたことがあり、黒ずんだ部分も出てきていました。現在、工事が再開され、早期の完成が待たれています。そのことを、写真下のコメントに書かれていました。



 写真展は、「私が見つけた西脇この一枚」と一般作品の2枚が展示されています。
 会場を、梅田先生と笹原さんが案内してくださいました。写真展を見ながら、高齢者大学の皆さんが、老いても益々元気に自分の目標に向かって頑張られていることがよく分かりました。私も、大きな刺激をいただきました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« わんぱくグランドゴルフ10... | トップ | 西脇中学校吹奏楽部第16回ハ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

地域行事」カテゴリの最新記事