東野としひろ活動NEWS

東野としひろの活動報告やメッセージをお届けします。

『西脇地域職業訓練センター』

2010-06-01 16:41:02 | 産業・労働・雇用
 西脇市平野町にある西脇地域職業訓練センターは、厚生労働省の外郭団体である独立行政法人雇用能力開発機構が所管しています。雇用能力開発機構から兵庫県が委託を受け、兵庫県から西脇市に再委託されて、運営しています。
 平成12年12月の閣議で、独立行政法人雇用能力開発機構が平成22年度末(平成23年3月31日)をもって廃止する方向が決定されました。そのため、全国にある職業訓練センターの存続が、大変危うい状態になりました。
 平成21年3月の厚生労働省通知で、利用者数に関する事業改善目標が出されました。その目標は、地方都市型は、年間18,000人以上の利用者数であることでした。
 西脇地域職業訓練センターは、平成17年度で、認定訓練職業訓練者数20,299人、総利用者数26,562人、平成20年度で、認定訓練職業訓練者数20,299人、総利用者数26,562人、平成21年度で、認定訓練職業訓練者数18,182人、総利用者数23,339人であり、目標を達成していました。しかし、昨年末の12月28日の閣議決定では、職業訓練センターを雇用能力開発機構から切り離し、地元に移管するか、廃止の方向が出されました。
 雇用状況が大変悪い中、自分のスキルアップを図るため、パソコン講習や建築・製図講座、英会話講座、さらに資格試験会場にもなっています。私が西脇地域職業訓練センターに伺ったときも、パソコン講習に多くの方が来られていました。地方の雇用改善にとって、地域職業訓練センターの果たしている役割は大変大きいものがあります。都市部では民間団体が行っていますが、地方では公的に運営せざるを得ないのが、現状です。
今後、国・県にも何とか存続ができるように、私も国・県に働きかけていきたいと考えています。
コメント   この記事についてブログを書く
« 『盛大だった津万地区すみれ... | トップ | 『企業訪問「㈱田井鉄工」』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

産業・労働・雇用」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事