東野としひろ活動NEWS

東野としひろの活動報告やメッセージをお届けします。

2月の議員協議会・総務産業常任委員会

2020-02-13 06:33:06 | 市議会活動
 2月10日(月)、午前中に2月定例の議員協議会が、午後からは総務産業常任委員会が開催されました。
 議員協議会の最初に、市行政から①町ぐるみ健診会場の集約と②学校給食センター調理業務の民間委託について、2件報告がありました。
 町ぐるみ健診は、これまで市内各地区6会場で9日間、市民会館で9日間行われてきました。実施時期も、5月~6月は12日間、9月は5日間、12月1日間でした。新庁舎・市民交流施設が完成する令和3年度からは、新庁舎だけで15日間行いたいとの事でした。各地区で受診されていた高齢者の方のために、同時期にスタートするデマンドバス等の活用が求められます。
 学校給食センター調理業務についても、令和3年度から民間委託をしたいとの報告でした。給食の献立、食材の購入、ご飯やパン・牛乳の購入、給食の配達はこれまでと変わらず行い、給食の副食(おかず)を現在市の調理員によって学校給食センター内で行われていたものを給食専門業者によって学校給食センター内で調理されるように変更されます。今後、プロポーザル方式で委託業者決めていくとの報告でした。給食センター職員の今後の処遇の問題が残っていると思いました。
 続いて、議会運営委員長や総務産業常任委員会、文教民生常任委員会、議員定数調査特別委員会からの報告がありました。
 議員定数については、昨年11月に8地区で市民との意見交換会が行われ、今年1月にシンポジウムを開催してきました。報告書を早く出すべきではとの指摘がありました。また、議員定数の委員会結論を最終報告とともに、5月の議員協議会で提出される予定です。
 午後の総務産業常任委員会では、12月定例会での一般質問からの課題提起(空き家対策上の意の制定、西脇北バイパス高架下利用計画)について、確認されました。また、所管事務調査として、「空き家対策」について問題提起されました。
 その後の協議会で、公契約条例と鳥獣被害防止電気柵事業について、担当課から説明を受け質疑を行いました。
コメント   この記事についてブログを書く
« 西脇市総合防災訓練 | トップ | 西脇多可新人高校駅伝競走大... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

市議会活動」カテゴリの最新記事