東野としひろ活動NEWS

東野としひろの活動報告やメッセージをお届けします。

大きな成果

2009-04-30 11:50:04 | 県議会
 先日、県産業労働部地域金融室から「経営円滑化貸付の据え置き期間の延長」について連絡を受けました。国が中小企業資金繰り対策の一環として、4月27日から緊急保証制度の据え置き期間を2年間に延長したことを受け、兵庫県においても、「経営円滑化貸付の据え置き期間を1年以内から2年以内にする」というものです。
 このことは、本年1月19日に開かれた臨時県議会において、私も登壇し、井戸知事に対して要望したことでした。西脇市内の企業を回る中で、中小零細企業の厳しい経営状況が訴えられていました。その中で、前に比べ融資は受けやすくなったけれど、経済状況の見通しが立たない中では、すぐに返還が始まるのでは借りたくても借りられないという切実な願いを聞かせてもらっていました。私の質問に対し、知事からは、中小企業が資金繰りによって活動が停止することがないように環境整備に努めるとの前向きな答弁をいただいていました。
 今回の据え置き期間の延長は、経営状況が大変厳しい中小企業にとって、朗報だと思います。労働者の雇用を守る「中小企業雇用調整資金」と併せ、資金繰り対策ができることで、この厳しい状況を乗り切っていただきたいと願っています。
コメント   この記事についてブログを書く
« 「第30回頼政公祭」 | トップ | 第80回メーデー北播地区統... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

県議会」カテゴリの最新記事