東野としひろ活動NEWS

東野としひろの活動報告やメッセージをお届けします。

『元朝式』

2020-01-04 07:21:46 | プライベート
 1月1日早朝5時、嶋多目的研修館で行われた『元朝式』に参列しました。『元朝式』は、一般社団法人実践倫理宏正会が毎年1月1日に行われています。   


 
 私は黒田庄町長時代から毎年参加させていただき、元朝式最後に行われる万歳三唱の音頭をとらせていただいています。
 一般社団法人実践倫理宏正会の皆さんは、1年365日毎朝5時に集われています。元朝式では、まずいつものように朝の誓を参加者で行いました。
 今日一日  三つの恩を忘れず 喜んで進んではたらきます
 今日一日  人の悪をいわず 己の善を語りません
 今日一日  気付いたことは 身がるに直ぐ行います
 今日一日  腹を立てず 不足の思いをいたしません
 今日一日  三つの無駄を排し 新しく大地に生き貫きます
 その後、上廣哲治会長の「年頭の辞」が紹介されました。上廣会長は、「令和という時代は先の見えない、何が起こるか分からない、さまざまな困難な問題を抱えている時代なのです。」と話されたうえで、令和時代の生き方の指針は「随所に主となれ」の実践だと提唱されていました。「随所に主となれ」の実践は、自分で考え、自分で判断し、自ら行動する生き方だと説明されていました。そして、「皆さま方の倫理実践が、自らを高め、社会の一隅を照らすことを祈念いたしまして、年頭のご挨拶とさせていただきます。」と結ばれていました。
 来賓を代表して、片山市長が新年のあいさつを述べられました。西脇市出身の甲斐野投手の活躍に触れ、若者が活躍する西脇づくりについて話されました。
 元朝式に毎年参列させていただき、一年の良いスタートを切らせていただいていると感謝しています。



 元朝式の後、片山市長や藤井嶋区長さんと一緒に、大津神社へ初詣に行きました。大津神社の宮司さんや氏子総代の皆さんが、寝ずの番で参拝者をもてなしておられました。ご苦労様でした。
コメント