東野としひろ活動NEWS

東野としひろの活動報告やメッセージをお届けします。

ハローワーク西脇定期訪問

2015-08-21 07:14:22 | 産業・労働・雇用
 季節ごとに定期訪問させていただいているハローワーク西脇の佐藤所長さんを、8月4日に訪問してきました。ハローワーク西脇の署内に入ると、求職活動中の方や雇用保険の受給申請等で、多くの方が来られていました。職員の皆さんも、一人ひとりに丁寧に対応されていましたが、次に待たれている方も多くおられ、大変だろうなと想像しました。また、求人の検索のため、パソコンに向かっている方も多くおられました。
 佐藤所長さんから、出来上がったばかりの月報にしわき『労働市場(平成27年6月内容)』をもとに、説明していただきました。
 有効求人倍率は、全国平均では回復傾向が引き続いており、1.19倍でした。兵庫県も回復傾向にあるとはいえ、全国平均に比べると低い0.96倍でした。ハローワーク西脇管内では、全国と兵庫県の中間に当たる1.08倍でした。対前月比では、0.11ポイントの増加でした。
 ハローワーク西脇管内の新規求人数(パートを含む)は、1,408人で対前月比では31%も増加しています。一方、新規求職者数(パートを含む)は、708人で、対前月比0.3%減少しています。
 佐藤所長さんは、現在、1年前のタワージャズジャパン西脇工場閉鎖による大量離職者が約95%就職され、一段落した状態だと話されました。6月内容によると、製造業の求人は295人、医療福祉の求人が295人、サービス業201人です。また、農林・漁業が90人です。これは、加西市でトマトの生産拠点(次世代施設園芸モデル団地)ができるためだそうです。になっています。



 来春3月卒業予定の高卒者の求人は、6月から受理され、9月中旬から選考が始まります。今年は、求人数が約40%も増えているそうです。また、大卒者対象の面接会は、8月7日に西脇ロイヤルホテルで行われ、29社が説明会を開かれるそうです。
 また、ハローワーク西脇として、管内企業に対し新規求人を出してくれるように絶えず訪問活動を行っています。企業に対し、求人票を書く際、仕事の内容を具体的に書くことを指導しているとの説明でした。
 佐藤所長さんには、貴重な時間を割いて説明をいただき、ありがとうございました。また、秋に伺いたいと思っています。
コメント