東野としひろ活動NEWS

東野としひろの活動報告やメッセージをお届けします。

光風流黒田庄支部生け花展

2009-11-28 21:52:13 | 文化・スポーツ
 光風流黒田庄支部の生け花展が、11月28日~29日の会期で田園空間博物館(道の駅)で開催されています。私も、案内をいただき、楽しみに行ってきました。
 光風流黒田庄支部の皆さんとは、黒田庄中学校教師時代から懇意にしていただき、今も生け花展の開催等の行事には案内をいただいています。光風流黒田庄支部は、昭和54年に創設され、昨年30周年を迎えられました。30年前、藤原ふじ子先生や松本たえ子先生が中心となって創設され、光風流を黒田庄町内や西脇市内に広げられたそうです。現在、教え子の岡井弘子さん達を中心に、光風流の伝統を守っておられます。



 藤原ふじ子先生とは、先生のお孫さんをバレー部で指導したことが縁で、自分の子どものように私をかわいがってくださいました。松本たえ子先生とは、最初の町長選挙に出馬した際、2月の寒い夕方、船町口駅前で街頭演説をした際、駆け寄ってくださり、「いいお話でしたよ。手が冷たいでしょう。」と言われ、両手で私の手を暖めてくださったことを昨日のことのように思い出されます。お二人とも、ご高齢で体調を崩されており、出会うことができないのが残念です。
 生け花展は、黒田庄支部の皆さんが季節感あふれる作品を出展されていました。会場の正面を飾っている生け花は、小さな生け花が集まり、一つの作品を創り出していました。私の教え子も神月明甫という名で、立派に出展していました。神月さんは、お母さんと一緒に生け花を習っています。現在、若い世代で、生け花やお茶を習う女性が少なくなっていますが、ぜひ、多くの方に習っていただきたいと願っています。
 今日は、久しぶりにお会いした方が多く、楽しい一時を過ごさせていただきました。光風流黒田庄支部が、今後益々発展されますことを祈念しています。

コメント

西脇多可の安全な暮らしを守る住民大会

2009-11-28 15:33:02 | 地域行事
11月28日の午後、西脇市民会館で「西脇多可の安全な暮らしを守る住民大会」が開催されました。毎年この時期に行なわれる大会ですが、西脇多可地域の防犯グループ、交通安全協会、消防団、区長会、婦人会、老人クラブ等の各種団体の方々が集まり、「自分たちの町は、自分達で守ろう!」を合言葉に開催されています。
 
大会宣言では、3つのスローガンが採択されました。
「子どもに手本を示し、地域ぐるみで青少年を育てます」
「家庭内で交通安全、ルール、マナーを話し合い、家庭から交通事故を出さない、出しません」
「暴力団を恐れない、利用しない、暴力団に金を出しません」



防犯講演では、『泥棒に勝つ!目からウロコの防犯対策』と題して、島田竜也氏が、分かりやすい家庭の防犯について話されました。
また、大会の中で、西脇多可のまもり賞を田島・荒巻両西脇警察署員に贈られました。今後とも、西脇警察が地域と連携して、より住みやすいまちづくりに貢献していただきたいと思います。
コメント