東野としひろ活動NEWS

東野としひろの活動報告やメッセージをお届けします。

西脇多可理容師組合総会

2009-03-30 16:57:00 | 地域行事
 西脇市と多可町で理容店を開かれている皆さんが、親睦を深め助け合う組織が西脇多可理容師組合です。今日は、平成21年度の総会が、職業訓練センターで開かれました。
 現在の西脇多可理容師組合の会員は、西脇市が31名、多可町16名、計47名です。組合離れが著しく、会員数が半減したと言われます。また、理髪のチェーン店が西脇にオープンして以降、その傾向が強くなったと聞きました。しかし、個人営業である理容師の方が、いざという時のための共済や親睦活動を行うためには組合が必要です。今残られている47名の方は、組合の意義がわかっておられ、今日の総会にほとんどの方が参加されていました。
 今日の総会では、理容師組合として長年取り組まれてきた青野ヶ原療養所や老人施設への散髪ボランティア活動が、高く評価され、兵庫県から「のじぎく賞」が贈られました。また、功労者表彰や還暦表彰等がありました。80歳になられても元気に第一戦で頑張っておられる方も表彰があり、私もよくお世話になっている黒田庄町喜多の藤原辰雄さん、西田町の宇野六三郎さんが受賞されました。今後も、お元気で活躍いただきたいと思いました。
コメント

地域の力を感じる一日

2009-03-30 10:07:47 | 地域行事
 今日(3月29日)は、地域の力を感じる一日でした。
 まず、西脇市消防団第5分団(比延地区)の消防大会並びに入退団式が、比延小学校で行われました。消防団は地域防災のみならず、各町の様々な行事の警備等の任務に当たってくれています。町運営では、最も頼りになる団体になっています。第5分団では、12名の方が退団され、新たに14名の新入団員が加わりました。今後も、岸本分団長の下、第5分団の活躍に期待しています。
 次に、高田井町の初総会に参加しました。21年度事業計画では、伝統行事の保存と継承と併せ、今年から隔年ですが「高田井町文化祭」を行い、地域の文化の育成交流を図ることが提案されていました。子ども達の見守り隊の活動も活発に行われています。
 続いて、津万の女性会総会に、初めて顔を出させていただきました。これまでの婦人会組織が、各地で崩壊状態になってきています。婦人会に変わる組織として、各町単独の女性会が組織されてきています。地域における女性の皆さんの活躍が大きく期待されています。活動を維持するためには、大変な苦労が伴いますが、ぜひ頑張っていただきたいことをお願いしました。
 引き続いて、市民会館中ホールで開かれている『絵手紙展』を見学してきました。市内各地で開かれている仲埜末子先生の絵手紙教室の作品が、会場一杯に飾られていました。作品には、自分のこれまでの人生やご主人や子ども達に感謝する添え書きが付けられており、胸を打たれました。高齢者の方の作品が多かったのですが、「老いてもなお学び続ける」「友と共に学ぶ」力強さを感じました。



 最後に、成田山での「春の交通安全祈願祭」に出席しました。もうすぐ、新学期が始まり、入学式も各地で行われます。子ども達が元気に学校に通えるように、交通事故による死傷者が一人も出ないように私も祈願しました。先日、交通安全協会野村支部総会に出席した際、地域の力で「子ども達や高齢者を交通事故から守ろう」という取り組みを聞かせていただきました。
 経済状況が悪く、景気のいい話を聞くことがほとんどありませんが、こうした時だからこそ、より「地域の力」で支え合っていくことが重要だとも考えています。
コメント