東野としひろ活動NEWS

東野としひろの活動報告やメッセージをお届けします。

宝殿中学校同窓会

2009-03-23 10:14:13 | プライベート
 3月22日の午前中の用事を済ませると、楽しみにしていた宝殿中学校の同窓会に出席してきました。
 この同窓会は、宝殿中学校1985年卒業生で、私が宝殿中学校に赴任して3年間持ち上がった学年でしたので、特に思い入れのある学年でした。この学年は、大リーグでも活躍した長谷川滋利君の1学年下で、柔道部が見事全国優勝した学年でした。11クラス約460名で、3年間持ち上がったとはいえ、授業で一度も教えていない生徒もいます。卒業後、担任していた3年4組の同窓会には一度行ったのですが、学年全体となると、中学卒業後24年もたっていますから、名前を覚えているか心配していました。しかし、会場の加古川プラザホテルに着くと、「あー、山田君、日高君」と名前が浮かんでくるのが自分でも不思議でした。
 教師の参加は、連絡がうまくいってなかったようで、私だけでした。教え子と話していると、宝殿中学校での3年間が、24年も経っているのに昨日のことのように思い出されました。「先生に、よくしかられたな。デコパッチでたたかれたな。」「まだ、あの頃は髪の毛があったな。」何か恥ずかしいような気持ちになりました。
 1年生の時よく口論をした井登さん、ぽっちゃりしていた前谷さん、心配でよくしかった前田さん、4組を明るくしてくれた高橋さん、田代さん、温和な中川さん、冗談ばっかりの森君、泉君、野球少年だった神吉君、堅い山田君、部活や生徒会をリードしてくれた山中さん、田中先生に必死に食らいついていった江口さん、バスケットボール部の神吉兄弟、宮本君、久保田君、片山君。柔道部の田中君、垣内君、岡本君、浜谷君はやっぱり大きかったな。
 教え子達は、一様に私が教師を辞めて、黒田庄町長や県議会議員になっていることに驚いている様子で、「どうして?」と色々尋ねられました。教え子を前にすると、常々話していた「仲間を大切にすること、人を裏切らないこと、いつも一生懸命生きること」を自分自身のモットーとして、生きていこうと素直に思います。



 今日の同窓会の出席は、少なかったと思います。40前後の年齢は、家庭、仕事とも大変な時期だと思います。人に言えない辛いことも当然経験しているようです。私の所に、「出席したいのだけれど行けなくて残念です」という連絡をくれた生徒が3名いました。また、次の機会を、楽しみにしています。
 幹事の大西君は、大変な役目をこなしてくれました。とても楽しい、充実した一時を過ごさせてもらいました。本当にありがとう。
コメント (8)

雇用促進住宅小坂団地初総会

2009-03-23 09:58:52 | 地域行事
 今朝未明からの暴風雨で、目が覚めました。私は、平成16年の台風23号以来、暴風雨が来ると、加古川の水量や山の倒木がないか見て回るようにしています。幸いにして、今回は心配したことがありませんでした。
 西脇市内の各町では、初総会が行われています。時間が許す範囲で、各町を回っています。まず、8時半から始まる板波町の初総会に出席しました。暴風雨の中ですが、会場一杯の方が出席されていました。板波町のまちづくりの成果を見る思いがしました。
 続いて、雇用促進住宅小坂団地の初総会に出席しました。市内にある3団地の中で、小坂団地が募集停止になり、廃止処分が閣議決定されています。この問題については、当初から入居者の方から相談があり、私なりに各方面に働きかけをしてきました。全国的な問題でもあり、国会でも取りあげられる中、強制退去については約2年伸びました。それでも、廃止処分の方向が変わっていないため、入居者の方々の不安は相当なものがあります。今日は、要望・意見を聞かせていただきたい思いで、初総会に出席させていただきました。総会は、団地の集会所で行われたのですが、私は集会所に入るのは初めてでした。総会の場では、なかなか意見は出されませんでしたが、私が帰ろうとすると、切実に訴えられた女性の方がおられました。困難な問題ですが、少しでも力になれればと考えています。
 続いて、市原町幸会(老人会)総会に出席しました。市原町幸会は、65歳になれば自動的に会員になるとの約束で運営されています。現在、男性67名、女性80名、計147名の会員さんがおられ、活発な活動をされています。
 その後、和布町の毘沙門天大祭に駆けつけました。ちょうど、神事の最後に間に合い、鏡割りも一緒にさせていただきました。雨の中ですが、和布町挙げての大きな取り組みで、町役員、女性会、消防団、子ども会の皆さんが役割分担の中で活発に動かれていました。
コメント