東野としひろ活動NEWS

東野としひろの活動報告やメッセージをお届けします。

西脇保育所卒園式

2009-03-22 14:33:06 | 教育・子育て
 今日は、午前中西脇保育所卒園式に参列しました。今年は、予算特別委員会に所属したため、幼稚園・小学校・中学校・高校・老人大学とも参加できず残念に思っていました。子ども達の成長の節目に当たる入学式や卒業式に参列すると、元気をもらうことができ、いつも招待を受けると喜んで参加することにしています。
 西脇保育所卒園児は、しし座(卒園後小学校に入学する児童)28名、おうし座(卒園後幼稚園に入園する児童)37名、計65名でした。保育証書授与では、ひとり一人の児童が成長した姿を見せてくれました。障害を持つ児童の成長の跡も伺うことができました。『小さな世界』を手話コーラスで歌っている姿を見た時、私も胸が熱くなりました。子ども達の可能性を引き出されている先生方の指導の素晴らしさも感じました。私も大好きな『たんぽぽ』もしっかり歌っていました。



 『思い出のアルバム』を子ども達が合唱している時、この一年間の保育園での活動がバックに映し出されると、保護者の皆さんの感慨もひとしおだったと思います。冨永保護者会会長のお話を聞いていると、保護者会としても園の行事に積極的に関わり、子どもと共に成長されたのがよくわかりました。
 ただ、ビデオで一生懸命、我が子を追われている保護者の方が多いのに驚きました。卒園式は、子ども達の大切な節目です。自分の目でしっかりと我が子を見つめ、自分の心で感じ、自分の言葉で感激を伝える保護者であっていただきたいと思いました。
 西脇保育所は、昭和24年設立です。市内で最も古くからある保育園だと思います。私を案内していただいた先生も、「私も、西脇保育所の卒園生です。」と言われたことが印象的でした。西脇保育所の益々の発展を祈念しています。
コメント