東野としひろ活動NEWS

東野としひろの活動報告やメッセージをお届けします。

 『東京西脇会』

2009-03-04 18:09:58 | その他
 3月3日の夜、東京で『東京西脇会』が開催されるのにあわせ、県議会終了後、飛行機で上京しました。少し早く到着できたので、明日から東京恵比寿で開催される『播州織総合素材展2009』の準備状況を見学に行ってきました。開会を明日に控え、ブースを出される産元さん、播州織工業組合、県立工業技術センター等の皆さんが、大急ぎで準備されていました。素材展当日に参加できないのが残念ですが、播州織を大きくアピールしていただきたいと願っています。



 東京恵比寿には、黒田庄町出身のトータス松本君が所属する「タイスケ事務所」があります。昨年も挨拶に寄ったのですが、今年も挨拶に伺ってきました。森本タイスケ社長がおられなかったのが残念でしたが、森本社長の講演会をいつか西脇で計画できないかと思っています。
 『東京西脇会』は、昨年息子と初めて参加したのですが、1年ぶりお会いした方々から親しく声をかけていただきました。皆さん、よく覚えていただいていたようで「息子さんはどうしているのですか?」「西脇の経済状況はどうですか?」など、聞かれました。実業家として名をはせておられる方、脚本や絵本など文化的な面で名をはせておられる方、国家公務員・地方公務員として活躍しておられる方など、そうそうたる顔ぶれでした。西脇市と黒田庄町の合併後、4年が過ぎ、『東京西脇会』にも数多くの黒田庄出身の方が参加されていました。



 私の黒田庄中学校での教え子の蛭田雅彦君、吉田啓二君も参加してくれていました。2人とも大学を卒業後、東京で区役所やIT企業に勤め、立派になっている姿を見て嬉しい思いがしました。
 また、1年ぶりに、西脇高校の同級生の高瀬邦夫君や笹倉邦保君にも出会うことができました。



 4日は、午前10時から予算特別委員会が開かれるため、4日の早朝飛行機で神戸に帰ってきました。朝6時前に羽田空港に入ると、多くのビジネスマンが全国各地に飛び回るため、混雑していたのには驚かされました。
コメント