【期間延長】サイクリング練習日記・伝言板・掲示板・落書き

佐渡島もオアフ島も一周しましたが、次は何?の練習日記【いつでも最終号】

2021-12-07 (火) 北国通信12月号と思い出の品が出てきた

2021-12-07 13:50:50 | 
北国通信12月号が届きました
13枚有るのですが今日はその中の数枚をご紹介します
東京も秋から冬へ少しずつ季節が動いていますが
北国では
『京の紅葉のニュースが流れています
当地では、ひと月前になりますが近くの小公園の黄葉です
見るのには良いですが 周辺の家の方々は落ち葉清掃
大変な様子です 風が吹いていると尚大変ですね。

「ご苦労様です」声をかけると「ありがとう」と笑顔の人
本当にウンザリ」と怒っている人三者三葉です
やっぱり大変ですよね ご苦労様です』
当地の甲州街道にも落ち葉が舞いちる頃ですね

その秋の風景が
『幌加内町で24時間に90センチの大雪が降った日

旭川は15センチ程度の降雪ででした』

『露地植えのカーネーションも雪を被りながらの花です

今年は凍れが緩く 花もしっかりと咲いています』

定番のナナカマドの実に雪 青空が撮影の狙い目ですが
そう都合よくはなりませんでした

今年は根雪になるのがまだまだ先のようです タイミングが良ければ写せるかもと思っています』
とのコメントも
一夜にして白い景色に変わってしまうのが
何とも驚きです・・・綺麗ですが 寒そう!!!

その北国通信さんから
「オホーツクの美味しいもの」が届きました

ホタテ、イクラにタコにシジミに秋鮭も
他にもまだまだ入っていました
お正月の準備がこれで住みそうです
miyoshiさん ありがとうございました

今日から昨年の三月以来に寺子屋を再開しました
今日は「お試し」なので先ずは顔合わせと
Windows11とgoogleフォトに関する事を少しだけお話しました
コロナの感染状況がこのまま続いていれば
年明けには定期的に開催するつもりです
今日も玄関前で手指消毒、部屋の窓を開けて換気してマスク着用での開催でした
まだ不安もありますが三人以上にならないようにしたいと思います

寺子屋再開の準備をしていたら
1988年のネパール旅行で買って来た

いっとき探していた
マグカップが出てきた

決して高級品とは言えませんが

立派なmade in nepal

早速コーヒーを淹れて飲んだ
三週間のネパールのトレッキングを少し思い出した

あの頃若かったシェルパやキッチンボーイも
もう立派な大人になってしまったのだろう

その時一緒に購入したのが
アルミニウム製の丸いコッフェル

これは今でもハイキングで使っています
その造作からしてみると、簡単な機械で手仕事で作ったのだろう
その隣は先週入手した「メスティン」
アルミの厚みが半分しか無くこれはメイド・イン・チャイナで500円
面白半分で買ってみました

12/07 13:50
未だ本格的な冷え込む朝も少なく
助かっています
これから年末になれば外の水道も凍るくらい冷え込む日が続きます
未だその対処はしていないのだが年を越しなければならないだろう
一方北国はその準備も終えて
降った雪が根雪となって来るのでしょう
今年の雪国では灯油の値段が高いので
今まで取り付けていなかったエアコンを取り付ける人が急増しているとニュースで観た
北国通信さんも取り付けたようですが
これは夏の備えのようです
今年の夏は北国も暑い日が続きましたからね
暑くさも寒むさも弱くなった身体には
冬を想像しただけで・・・・さぶい!

コロナも収まっていません
皆さんも感染には気を付けてください






コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021-12-04 (土) 駒ヶ根で友と再会

2021-12-04 23:59:59 | 山登り
今日も後出しジャンケンです

旧中山道奈良井宿と福島関所の散策を終え
午後3時過ぎに駒ヶ根のペンションメイプルに到着
夕食を6人で食べて楽しい一時をを過ごした

数年前は南アルプスから揚がる日の出の写真を撮ったが
今朝は雲が多く山が見えない
小雪も少し舞っています

9時過ぎにマルカワ果樹園さんに付いたが
いつもは残っていたリンゴ畑も今年は
全て採り尽くされていた

僅かに残るリンゴを

写真に収める

いつもならリンゴ畑の後ろに広がる

中央アルプスも雲の中だった

景色が見られなかったので
今日は杖突峠を越えて茅野に向かう

お目当ての杖突峠の茶屋も
12月から冬期の休業に入っていて
展望台には行けなかった

展望台からは左には穂高や槍の北アルプス
右には八ヶ岳
そして中央には蓼科や車山がドンと見えるのだが
敷地内には入れず雄大な景色は見ることが出来なかった

車山だけは目の前なので
山頂の観測ドームも見えていた
雪が消えた頃にはあの頂に登ろうと思っている

ここを下れば中央道諏訪ICなので
ここで一緒の旅も終えそれぞれの地に向かった
中央道では

左には雲がかかった八ヶ岳

右には

やはり雲がかかった
南アルプスが見える

走る時間と共に
天気も良くなって

真正面には
白い富士山が現れて
今日の山巡りを終え13時過ぎ自宅に戻った

朝の駒ヶ根では小雪が舞い
途中の杖突峠も雪の予報で途中小雪も舞ってきたが
積もること無く無事高速道路に付いた
この時期の長野県への旅は少々不安があった
大昔はスキー場へ何のためらいも無く
雪道を突き進んだが今は全然駄目になってしまいました
まあ雪道を走る事も無いが一応冬タイヤには交換していました
今回の旅で一番良かったのは
やはり共と会えた事ですね
早く引き籠り族から抜け出せる時が来ることを
本当に願っています
変異型の「オミクロン株」で世界中が慌てていますが
今までの感染予防を続けて
拡大しないように努めたいと思います
皆さんも感染には気を付けてください

12/05 12:07
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021-12-03 (金) 木曽路 旧中山道奈良井宿と福島関所

2021-12-03 23:59:59 | 今の旅・昔の旅
コロナ前までは念に何度も一緒に山に行っていた
岳友(恩師)3人の計5人で小旅行に出掛けた

5:30過ぎ高尾駅でピックアップした後中央高速道路に入る
途中のサービスエリアで恩師ご夫妻と合流後一路奈良井宿に向かう
9時過ぎ奈良井宿に到着 気温は5℃・・・寒い
大きな駐車場に駐車している車は無く観光客はいないようだ

事前に観光協会に確認すると
奈良井宿のお店も冬期の休業に入っている店が多いとのことだった
人影がない方が此方としても好都合です

宿場には



井戸がいくつもあります

町並みは国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されており

往時の面影を色濃く残しています

土壁の一部も外から見えて



この建物等は建築されてから何年経っているのだろうか

陽が上がって道にも光が射し込んで来た

宿場の全体は距離で1kmほど
静かです

江戸時代の宿場の外部からの攻勢や治安対策も兼ねて
街道全体が見渡せないようになっています

こうした曲がり角が作られています

宿場の外れには井戸と高札場
観光ガイドによれば
『木曽11宿の中では最も標高が高く、難所の鳥居峠を控え、多くの旅人で栄えた宿場町は「奈良井千軒」と謳われました。』
今でも国道19号線となり大型トラックが途切れること無く
通っていて交通の要所は昔と同じですね

時間も昼近くになって
観光客も増えて来たので福島宿の関所跡に移動する

奈良井宿から小一時間で福島宿の関所跡に到着
関所の裏側はJR中央西線(本線)が山の崖下に走っていて
その裏は山の斜面となっている。

反対側は木曽川が道路近くに迫っていて
これではこの関所を通るしか道が無いわけで
その時代の役人もよく考えて作ったものです

座敷の中にはお役人さんが控えていて

旅人は菅傘の手前の砂利の部分で
通過の審査を受けていたのでしょう

お役人から見ると
こんな景色になるのですね

それにしても女性の場合は
通過に調べに数時間はかかったようですね
時代は変わっても昔と変わらないような事がある気がしますが・・・・・

福島宿は昔の宿場町は残っていなかったので
今日の宿泊地駒ヶ根に移動する

長い権兵衛トンネルを抜け伊那市に入ると
目の前には雪を被った南アルプスが現れた


12/03 23:59
後出しジャンケンの更新です
恩師ご夫妻も後輩の岳友も
コロナ渦で初めての1泊旅行だと言っていた
私達も10月を除けば初めてですが
心配しながらの旅行も少しドキドキだった
町を歩くときも休憩するときも
マスクは外さなかった
でも流石に食事となるとノーマスクでしたね
そしてお喋りもしたし
同行者は全員自宅引き籠り族なので
余り心配は無いと思いますが
こればかりは・・・・絶対に安心と言うことがないので
まだまだ気を抜かないようにしましょう

12/05 11:37
外は快晴
でも寒い










コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021-11-28 (日) 寒い朝

2021-11-28 11:06:38 | 住処
今朝は冷え込みました
5:30頃から日課のストレッチ体操を始めるが
手も足も凍えるほどです

ラジオ体操が終わる6:40頃
南側にある大学の建物にようやく
朝日がとどきました

敷地内の木々も

赤く染まった葉が綺麗です
思わず・・赤富士みたい! チョット違うかな

体操を終えて新聞を取りに行くと

温度計はマイナス1.5度
寒いわけです

近所の家の屋根にも

霜が降りて白くなっています

数日前から急に葉を落とし始めた
プルメリア

この寒さで一気に落とすのでしょう
まる坊主になるのももうすぐです
として冬眠状態になります

常夏の花のハイビスカスも
葉が黄色くなって

まるで紅葉しているみたい
ハワイにいればいつも緑の葉なのに
チョット可哀相ですね

11/28 11:06
暖かかった日が続いていたので
少し油断しました
石油ストーブは1台出していたのですがね
午後は暖房器具の点検でもしましょう
そして明日には車のタイヤも
スタッドレスに交換するつもりです
別に雪国に行くわけではないのですが
転ばぬ先の杖では有りませんが
何かの際は役に立つでしょう

コロナも数十人の発生で収まっています
このまま続く事を願っていますが
新たな変異ウイルス「オミクロン株」も出現だとか
接種済みのワクチンが効いてくれれば良いのだが
皆さんも未だ未だ
気を付けて下さいね


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021-11-26 (金) 神宮外苑の銀杏と裏山散歩

2021-11-26 14:42:28 | 花や街や風景
昨日は霜も降りて寒かったが
今朝も少し冷え込みました
週末はさらに冷え込むようです

黄色く色付いた神宮外苑の銀杏並木の写真が届きました

『見る方向によって、黄色だったりまだ緑色だったり』
『とにかく人が多いのにびっくり』とのコメントも

そうですね
昨年から都心にも行ったこともないので
人が多いのは判っていたが・・・・多過ぎですね

ここなら少しは密にならずに済みそうですが
まあコロナも少し収まってきたので
人出は多くなるのは仕方がありませんね
yumikoさん ありがとうございました

一昨日のハイキングで疲れたのか
昨日はママチャリだけ乗ってその疲れをほぐした

今朝は天気も良いので裏山散歩に出掛けた
天野坂を登り切って一息つく
落ち葉がハラハラと上から落ちてきます

いつもの山の神で小休止

良い天気です
筑波山は見えるがやや霞んでいた

多摩川の河原の
一本のケヤキの木

「孤高のケヤキ』呼んでいるのですが
緑に茂っていた葉も今は茶色に色付いていました

春は白い花が落ち
秋にはドングリも落ちていた

いつも休憩しているベンチも
落ち葉に占領されていた

千畳敷に移動すると

そこは一面落ち葉のジュータンが
敷き詰められたようです

本丸に行き
金比羅神社と



霞神社の紅葉を
今日も楽しめた

中ノ丸では
テイカカズラの
白い綿毛に包まれた種が



風に飛ばされて
フワフワと音もなく
落ちてきました

歩き始めはウインドブレーカーを来ていたが
それも脱ぐようになって

落ち葉が敷き詰められた
山道を下って家に戻った

11/26 14:42
昼間のこの時間は
背中に窓越しでは有るが陽が当たって
暖かくて良い気持ちです
「バアさんや お茶にしませんか」
と声をかけたくなるくらいです
今日も人と出会うこともなく終わったが
これはこれで良いのかなと思っています
12月に入ったら少しは活動するつもりなので
それまではのんびりしましょう
AIの予測では12月から1月にかけて
コロナ感染者も300人を越えるとか
そんな予測は外れて欲しいが
今まで結構予測とおりになっていたので
それが怖いですね
皆さんも感染には気を付けて下さい
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021-11-24 (水) 富士山を観るため石割山へ

2021-11-24 15:27:51 | 山登り
次第に寒くなって来たので
雪が降る前に富士山を観よう!と石割山へ登る

午前5:30家を出て
富士山が現れた都留インターチェンジで降りる

石割神社の駐車場に7:15到着
サンドイッチで軽い朝食を食べ

7:35登山開始
上り始めは四百段の階段です

15分で階段を上りきる

今の気温は4度くらい
天気は快晴なれど風が冷たい

45分で石割神社へ到着

いつものように
石を三回廻ってお参りをする

寒いわけです

注連飾り?
から氷柱が垂れているくらいです

神社から熊笹の生い茂る
急な山道を上がって

9:05石割山に到着
雲もなく快晴です

先ほどまでは二人連れもいたが
その後は誰も上がって来ません

ゆっくり休むつもりでいたが
風が強いので体感温度も下がって
非常に寒い!

この先の平尾山で食事をしようと
キラキラと霜柱が光る頂上の斜面を

滑らぬように
注意して下る

下り斜面も霜が付いて
滑りやすい

9:50平尾山に到着
ここも風が強く
ゆっくり食事をするような状況ではない

ジャムパンと暖かいコーヒーだけで

下山する事にした

目の前には
真っ白な富士山

若き頃は丁度11月のこの頃
冬山訓練と称してピッケルとアイゼンの使い方などの
練習をあの斜面でしたっけ・・斜面を転がり落ちる人を何人も見て怖かったな

以前来た時よりやや時期が遅いのか
その時はマユミの花が満開だったが

今日はもう枯れていて残りも少なかった
その代わりか
ススキが陽に照らされて光っていた

後ろ髪を引かれる思いで

林の山道を下る

右手には
山中湖の湖面が

波が立っているのだろうか
キラキラと光っていた

11時前神社の駐車場に到着
結局食事をする事も無く下ってしまった

ポカポカと日だまりの中
ブランチをとった

今日のお土産は

山道に落ちていた
小枝と松ぼっくりでした

11/24 15:27
富士山が観たく今年2回目の石割山登山となった
平日で空いているかと思っていたが
7時頃着いた駐車場にはもう5台の車があり
下山した11時頃は数十台の車でうまっていた
神社と山頂だけで有れば簡単に上れるからでしょう
スニーカーにバッグという軽装の人も多かった

今年のハイキングは多分今日でオシマイでしょう
来月となると暮れやお正月の準備で
ハイキングどころではなくなるかも?
それでも近場に行きたいなと思っています

山の中ではコロナの心配も軽いので
出掛けるには良いと思います
皆さんも感染には気を付けて
お出かけ下さい

旧暦では
霜降 霜初めて降る
明日の朝はさらに冷え込むとか



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021-11-23 (火) 北国通信11月号続きと電話機の取り換え

2021-11-23 09:24:59 | 
昨日は全国的に天気も悪かったようですね
そしてこれから冷え込むとの予報です
その寒い北国から北国通信11月号の続きをご紹介します

先ずは蝶々から
『エゾシロチョウです数年置きに発生するという蝶ですが
今年は少し数が多く場所よっては木の色が変わるほど異常な光景も一時期ありました。』

撮影は6月の春から初夏の頃
見慣れたモンシロチョウとは少し違いますね

もう一つは
『収穫期に目残ししていたブルーベリーの実が紅葉した葉っぱに映えています』
これは10月丁度私達が十勝に滞在していた頃ですね

秋の気配がたっぷりです
そして『目残し』めのこし と読むはずですが
私達もキュウリなどを収穫するのですが、採り残しが出てきますが
その残ったのを「めのこし」と呼んでいたが、東京の外れの方言だと思っていましたが
北国でも使っているのですね

最後は一緒に走ったこともある
「オホーツクサイクリング大会」のレースナンバーや参加記録



『オホーツクサイクリングに不参加となってから丁度10年資料の整理をしました
色々な思い出がいっぱいで長い時間がかかり漸く区切りをつけました
2007年**さんと出会いこうしたお付き合いがあるのもオホーツクサイクリングのお陰ですね』と
大会で宿泊した体育館で隣合わせになり、一緒にサイクリングをしたのがご縁です
それから今も数年に一度は北海道でお会いするお友達となりました
有難いことです
miyoshiさん ありがとうございました

そして昨日は北ではなく南から
『先月行ったキャンプの様子。後ろに見えるのは耳納連山。その向こう側に我が家のある***町があります。
車で30分くらいのところです★整備されてて、初心者にはもってこいの所です!』

広々としたキャンプ場ですね
アウトドアーライフが大好きなご家族
ワーワーキャーキャーと大きな声が聞こえてきそうです
mutsumiさん ありがとうございました
事後承諾で写真を使わせていただきました

3日前の夜恩師の奥さんから携帯に電話が入りました
「家電に電話したが出なかった」と
調べてみたら

電話機が壊れていました
それでベルが鳴らなかったようです

早速電話機を購入して壁に取り付けた
大昔だったら電線やコードなども簡単に手に入ったのですが

少ない部品で何とか壁に取り付けて作業が完了した
思えば電話機なんて買ったことがなかったな~
いつもゴミ箱の中の焼却処分寸前を拾ってきては取り付けていたっけ

そして昨晩は新しい電話機に初めての着信がありました
電話の主は先ほどのキャンプの写真の送り主のご両親から
恐ろしきかな
南の友のヒョットコ&オカメさんの透視力!
我が家の中身が全て御見通しなのかも?
お二人さんありがとうございました


11/23 09:24
電話の交換も終わって
これで家電については一先ず安心です
南の友も驚いているのだろう
今頃電話機取り付けなどしているとは
そうだねもう半世紀もの昔の仕事だったからね
携帯電話が主ではあるが
まだまだ昔の電話が手放せない我等
時には電話で声を聴くのもいいですね

コロナも消滅したわけではないので
電話での便りも利用しよう
皆さんも感染には気を付けてください









コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021-11-21 (日) 裏山の小さな秋

2021-11-21 10:34:01 | 滝山公園と近所散歩
昨日の午後
1週間ぶりに裏山散歩に出掛けた
土曜日だけ会って人出は多かった

いつものように本丸への九十段の階段を上がると

霞神社の日陰から光が差し込んで
紅葉が赤く光る

神社に近づき思わず上を見上げる



光の加減で美しい

一本の小さな木も

不自然な枝振りだが赤く染まっていた

写真の後は
いつものように

頭を垂れて柏手を打って参拝する

週末なので沢山の家族連れが
公園の広場で寛いでいた


11/21 10:34
日曜日の朝はホームページとブログの更新が主な作業です
旅行でもしない限り新しい写真もないので
目新しいものにならないが
時折「北国通信」が送られてくるので
大変助かっています
ホームページもブログも格別面白いわけではなく
またアクセス数も多いわけではないが
こうして定期的にパソコンに向かうだけでも
心身に良いなと思っています
特に写真へのコメントを考えるのが
少し楽しい

コロナで引き籠りがちだが
寒さが厳しくなるまでは散歩に出掛けるようにしたい
皆さんも感染に気を付けてお出かけ下さい


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021-11-19 (土) 雲が多めの皆既月食

2021-11-20 11:41:05 | other
昨日は89年ぶりの「ほぼ皆既」の部分月食でしたね
数日前から気象予報士さんがラジオで放送していました

ラジオ体操が終わって空を見ると雲が広がっています
夕方はどうなるのかな?

月の出が水平線から20度と低いところ月食が始まるようで
我が家からはその角度では見ることが出来ません
見晴らしの良いところまで出掛ける熱意もないので

昼間はDIYの買い物と
小松菜とミックスレタスの種蒔などで終わってしまった

夕方天体ショーの第一部が始まった

見事な夕焼けです

刻々と色が変化して

西の山々が浮かび上がる
この山がいまだに何処の山か???です

2階の部屋の雨戸を開けて

網戸越しに夕焼けを見る

近くの家の壁と窓も

夕焼け

前の駐車場の車のウインドウも

夕焼けだった

17:20 月は出ているかな?
と外に出てみたが

いつも月が出てくるのは
裏の小山の後ろから
何となく明るいが月ではなさそう

19:00前
再度確認に出て見ると

雲が流れて時々隠れるが
月食が始まっている月が出ている

月の光量が少ないので
露出時間が多く手ぶれしやすいが
何とか数枚撮影できた

赤味のかかった月を期待したが
それは無理だった
皆既になるまではまだ時間もあるので
今日の天体ショーを終えた

今朝am5時過ぎ
早起き鳥は夕べも観た月を西の方角で見る
この時間で見ている人は少ないだろう

クレーターまでクッキリ見えて美しい月だった
次に最大な月食が観測できるのは65年後の
2086年11月21日だそうです
観たいけど。。。。。。。。。

111/20 11:40
何となく外に出ることも無く
1週間が過ぎてしまった
時にはこういう時も良いだろうと言い聞かせています
今朝は旭川で降雪らしい
来週からは北国も寒さ対策で追われるのかな
インフルエンザとコロナだけで無く
寒さにも気を付けるので大変ですね
皆さんも
コロナ感染には気を付けてください


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021-11-18 (木) 北国通信11月号

2021-11-18 10:12:21 | 
北海道から北国通信11月号が届きました
今朝は北国への業務連絡を兼ねて(笑)
写真は沢山有るのですが今朝は半分ほどご紹介します

先ずは送り主の姿から
6月9日お墓参りの後
『恒例の蕗採りです 熊ノ沢 との怖い場所なので
 大きな音でCDを鳴らして蕗採りを楽しみました
 大きな蕗にもありつけました
 多分来年は行くことは出来ないでしょうね。』と

本当に大きな蕗ですね
山菜採りは周りの事も忘れて夢中になって
いつの間にか熊さんの領域へ入ってしまうのでしょう
来年も注意して出掛けて下さい

そう言えば10月に行った
名寄の町には

松山千春さんの背丈を越える
有名なラワンブキがありましたね

そして秋と言えば
田圃アート

『鷹栖町の田んぼアート昨年はコロナウイルスの影響で中止でしたが今年は
規模を変えての開催で 見物台は高くがっしり台になりました
コロナウイルスの影響が無くなった時を見据えて皆さん頑張っているのですね』
何年か前に連れて行っていただいたことがありましたね

そして
『ハロウィーンに因んで大きなカボチャが
焼肉店の前に並んでいます 大きいのは100キロ超えとか、
此の建物の隣が下宿屋さんだったので2年程お世話になった所です』



街中にカボチャが飾ってあるなんて
歩道が広い北海道ならの光景かもしれませんね
私の近くの農家さんもジャンボカボチャを作っていますが
近くの幼稚園さんからのリクエストのようです

10月に北海道を訪れたときも昼間は暖かったのですが
朝晩は冷え込んでいましたが
『新聞も猛暑日続くの記事が、これから先も
今迄と違うことが多数起こるのでしょうね』

その北海道もこの夏は
北の家族も今まで経験したことの無い暑さだったと言っていた
今まで暖かかった北海道も今朝は冷え込んだようです
本別町は-5.5℃さらに北の陸別町では-8.7℃まで下がったとラジオで報じていました

『冬への準備が終った我が家の庭です 昨シーズンは此の
竹(2メートル)が隠れるまで雪を積み上げたのですが
今シーズンはどんな景色になるのでしょうか』

冬の準備も大変でしょうが
真冬になったら今度は降り積もった雪との戦いが始まるのですね
庭に敷いた縁石の高さまで積もったら
大騒ぎの此方とは降雪量が凄すぎます

北海道の冬はスキーで出掛けた二回しか知りませんが
風邪もはかりそうですし
コロナも未だ未だ安心出来ません
気を付けて寒い冬をお迎えください
miyosiさん ありがとうございました


11/18 10:12
今週は理由があって外に出られません
とは言っても身体の不調ではありませんので
ご安心を・・・ただの怠け癖ですかね

そんな時にやって来るのが「助け船」
私の様子を良く知っているようですね
10月から早くも1ヶ月が経ちましたが
当初私達も11月も検討したのですが
11月に入るといつ雪が降ってもおかしくないので
10月に決めました
特に札幌や千歳から帯広や釧路方面に行くには
大きな峠を越えなりません
その峠が凍結や降雪で難関な場所となるわけです
10月に帯広に到着した日も道内では
路面凍結によるスリップ事故が多発と
運転中に車のラジオから流れていて
私も慎重に運転しましたね

これから寒くなります
インフルエンザも心配
そして降雪なども心配ですが
先ずはコロナも心配ですので
皆さんも感染には気を付けてください








コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする