蕎麦の散歩道

美味しい蕎麦と、楽しい食の道を歩む。

アモローソ 牛込神楽坂  貧乏人のパスタとスーパートスカーナ

2016-12-05 16:06:11 | 中華・エスニック・欧

今年最後のアモローソだ。
今年は都合6度の訪問、一年にこんなに執拗に来ている店は、数年前のそば屋訪問を
除けば初めてだ。
料理が面白いのか、ワインが美味いのか、シェフの人柄なのか、と考えるが、
それはどれも当てはまるが、一番はここに集まる仲間の話が楽しい、飽きがこないせいか。



↓すずき、鯛、海老などの出汁で取ったスープ。魚介をベースにしたものは今回が
初めてだ、魚介ベースのスープはすし屋で散見できるが、生クリームや牛乳を
抑え気味にして、醤油を加えれば、すし屋でも一品になるだろう。
そんな実験的なすし屋があると客も喜ぶ。



↓は亭主は自分的にはから揚げという。でも味は全くから揚げ的ではない。
生ハムに鶏肉を合わせたものだが、ソースと絡まって複雑な味わいをくれる。
白トリフがほのかに香る。白ワインがさっと出るところがいいな。





自家製のパスタが美味い。口に入ると変化球のように噛み砕くパスタが跳ねる。肌に
ソースがしっかり絡まって口いっぱいに広がる。
「これうまい」というと、パスタの構成配分などを教えてくれた。
デュラムセモリナを使わずに、薄力、中力、強力粉を使って作るのだそうだ。
「貧乏人のパスタって、別名が」とシェフが言ってたそうだ。
なるほどと思った。ちょっと荒々しいパスタで、だが、いいのでは。

すぐに、赤ワインが注がれる。イタリアのトスカーナの生まれのものだ。
「わたし的には、スーパートスカーナです」とシェフ。
仲間たちが笑ってグラスを口に運んだ。

イタリアでも安い小麦を使って造るパスタをそう呼ぶのだろうか、
次に聞いてみよう。


ほたて、子羊、牛の頬肉、豚、
4択のメインの中から僕は九州のブランド豚を選んだ。深い味があって、辛しもいい味だ。



終わって、来年の予約をするが、満席が続いていて、予備日をいくつか
もらって帰る。
もう一年が終わる、年々早く一日が過ぎてしまう。
どう大切に今を生きるか・・・、いまだに迷う。
貧乏人の人生を美味しく生きる方法、そんなことでも考えて過ごすか。


新宿区中町22-3  03-5261-2550 前回の記事


http://diamond.jp/category/s-sobaya

手打ち蕎麦屋のオーラを味わう
http://diamond.jp/category/s-soba


ダイヤモンド社刊(検索
著作・鎌 富志治(かま としはる)・夢ハ toshiharu2316@jcom.home.ne.jp

コメント