蕎麦の散歩道

美味しい蕎麦と、楽しい食の道を歩む。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

心を動かせるのは、やはり料理長の心が見える時

2016-09-30 15:02:43 | 北陸・信州・房総の旅


生ハム、白身燻製に、牛蒡のブルーテソース。

9月の飛び石連休に軽井沢と蓼科のホテルに連泊した。軽井沢から蓼科高原までは一般道で、
データでは3時間は掛かるとあったが、2時間強で到着した。
意外と近くて助かった。
この蓼科のホテルの料理は創作なのだが、特別高価な食材を使わず
工夫で上手く仕立ててある。

生ハムの塩気を牛蒡ソースでさっぱりと食べさせる。牛蒡自体がよいものなのかもしれない。
ブルーテソースと書いてあるから、普通はホワイトソースに魚や肉のフォンを入れるのだが、
牛蒡にしたところが創作的になっている。


馬肉の刺身
何処産のものか聞き漏らしたが、多分地物なのではないか。馬肉は九州、東北が定評が
あるが、さしの入りもよく、滑らかな味わいだった。



信州サーモンと秋刀魚。サーモンにはいくら、秋刀魚にはジュレ。どちらも癖のある魚を
品よく食べさせる工夫だ。



インゲン豆のポタージュ



アマダイとソフトシュリンプ、トマトとバジルのソース。




蓼科牛はシャリアピンステーキと山葵添えの二種。
シャリアピンの柔らかな味わいと、山葵でいただく肉を対比させている。

前日のホテルのコースとはかなりの対比があって面白かった。
前日のホテルの料理のほうがよかったと家人の感想はあったが、好き嫌いもある。
また、来年もと思うが、二日間の車での長旅は疲れた。
それだけに、美味しい料理が無くては心も動かなくなった。
そこに料理長の考えに考えた工夫が見えると一年してまた思い出すかもしれない。

コメント

珍珍(ぜんぜん) 小岩  辛いも二度目なら

2016-09-10 10:14:15 | 中華・エスニック・欧



随分前に、娘が四川で美味しい店があって、なかなか予約が取れなくて。だけど
噂どおり美味かった、とぼんやり聞いていた。
それから暫くして、孤独のグルメに取り上げられて、友人たちから、行かないかと
誘われ、娘に店の事を詳しく聞いて出かけた。
それが、昨年の寒い時期だった。
ずしんとくる辛さで、だが、ジワリと旨みが舌に広がって、口中にやや痺れがあった。
それを洗い流そうと、紹興酒をたっぷり含んで呑んだ。



今、世間を騒がせてる人も来てるんだ。あんな美人と噂になるだけ幸せ者だ。
それだけに、やっかみと嫉妬がひどいのだろう。世の中、そんなものだな。致し方ない。
人は他人の幸福には素直になれないし、むしろ、不幸を喜ぶ。
そう思う心に、どれだけ折り合いをつけるか、神から試されている。




というわけで、二度目の来訪は盛夏、アツアツの体に辛いのはどうだろうと
4人でテーブルを囲む。最初は6人だった(六人以上はコース、それ以下はアラカルト)
4人に変更して思わぬ得をすることになる、お店には申し訳ないが。


麻婆豆腐、舌が痺れて気持ちがよい。
絹豆腐を痺れと辛味の調味で覆い、すんなりとは食べさせてはくれない。
紹興酒は18年もの、これをロックで呑んで、口中の痺れや辛さを流す。
これがまた美味しい。4人で4本空けた。ママが驚いていた。



辛いも二度目なら、いいね、とかん高い声。
恋も二度目なら・・・、そんフレーズを思い出したが、自分のなかに仕舞った。
誰もそんな歌は知らないな。


泡菜魚(パオサイ・ウィー)というらしい。

これはコース料理しかないのですが、と勧められた。
きっと、僕らの予約の人数キャンセルで用意してあったのかも、
悪いことをしてしまったが、得をした。

鯛のスープで、特別に美味い。これはすんなり腹に入った。
「スープは飲んでいい?」と誰かが聞いたが、即座に、駄目だしがママからきた。
「中の鯛しか食べない、贅沢だ」、笑い声。



じゃがとろ・・・名物料理 ひき肉とジャガイモだけなのだが、辛いものに囲まれた料理の
中ごろに頂くと、とろりとしていい味。





これは食べられる?唐辛子を指差す。
ママから駄目だし。
「海老だけ食べる、贅沢だ」、笑い声。しかし、海老が辛味に覆われて美味い。
唐辛子を食べたい欲求にかられるが我慢だ。

チンジャオロース
これは、なかなか美味い。なんだろう?辛味がさらさらしていた。

麻・辣・酸・甜・苦(マー・ラー・スァン・テン・クー)。・・・、これが四川の料理の基本だ。
しびれ、からみ、すっぱみ、甘み、苦味。

マーで山椒の焦がし油が持ち帰りにあり、ラーの唐辛子油もある。
マーは最上位でこれはいいよとママが言っていたが、僕は前回とおなじラー油をテイク
アウトした。
ラーも二度目なら、もっと活用の仕方が上手くなるだろう。

四川食堂 珍珍
江戸川区西小岩4-9-20 03-3671-8777  定休月曜 18:00~22:00

コメント