蕎麦の散歩道

美味しい蕎麦と、楽しい食の道を歩む。

竹やぶ 六本木 侍は国主になるか

2007-08-03 08:51:01 | 麻布・六本木・赤坂・白金周辺・千代田区

侍君に興味があって、仲間に入れて頂いた。
彼のことは、花まきさんのブログが詳しいが、簡単に紹介すると、宮崎の老舗の手打ち蕎麦屋の二代目です。ただ、経歴が変わっていて京都の高名な和菓子屋さんに高校を卒業して修行に入り、5年を経て、宮崎のお店に帰ってきた。

竹やぶは彼の指名で、そこに花まきさん、酔流亭がじゅたん、それに、侍のお友達の計6人がお昼に集まった。
彼がつくる和菓子の繊細な美的センスから想像するよりは、硬、軟バランスよく併せ持つ、芯が強そうに見える青年でした。
つまり、俗っぽく言い直すと、女性にもてそうで、喧嘩も強そうで、といったことです。

蕎麦屋の息子でありながら、なぜ和菓子屋に修行に入ったのか、とか、京都の修行中の給料などはどうだったのか、とか、そんな質問を僕の方からしましたが、明快に答えてくれました。


(中央に蕎麦味噌、そばずしやら、美味しい鰊などの前菜)

今日は、お昼のコース料理です。偏食がじゅたんだけは、蕎麦掻とそばだけの単品オーダーです。侍と彼の可愛い友人とがじゅたんは同年齢で話も弾み、その他の僕ら三人はそれを見守る親代わりということでしょうか。


(コーヒーミルで砕いた蕎麦の実が独特の食感をくれる)


(卵焼きは甘みが控えめでだし汁が丁度よい入りです)

コースの中の蕎麦掻はコーヒーミルで砕いたものを混ぜあわせてあって、独特の粒々が舌の上を転がってよい感触です。前菜をすこしづつ頂きながら、僕と酔流亭はお昼にもかかわらず、酒のピッチが早いです。
前日、侍は恵比寿のロブションに行ったそうです。料理はその値段を上回るくらいに感動したそうです。僕はロブションにそう何回も行ったことはありませんが、僕はそのフロアの気配りにすごく感動して、その話しを彼にしましたが、彼もまったく同じ感想が返ってきました。

その感動が今日になっても残っているようです。料理を食べて高揚感を客に与えられることが三つ星レストランの技術でしょうか。
コースの〆は蕎麦が2枚選べるので、僕は田舎そばとかけそばを選びました。田舎蕎麦は嗅ぐと草の厚みのある香りがしました。


(器の楽しさもまさに竹やぶワールド。蕎麦の香りが濃い)

柏の本店を思い出しました。あのモダニズムの城壁のようなところと比べられてしまうから、六本木も損をしますね。



帰り固い握手を侍が求めてきた。東京から明日は京都へ向かうという。
世界で一番高くて美味しくていい気持ちにさせてくれるレストランに行き、阿部さんのモダンの抽象の世界を味わい、もてなし技術の最高峰の京都へ。

30歳前に超一流のものに触れられる幸せは何ものにも代えがたいものでしょう。
きっと侍は宮崎で、よい国主になる事でしょう。
2年先には彼の宮崎の店に行ってみたいと思いました。

竹やぶ 港区六本木6-12-2 六本木ヒルズレジデンスB 3F
            03-5786-7500

一級品を見ること。
それを基準にしてこの本ができました。


ダイヤモンド社刊『こだわり蕎麦屋の始め方』
1800円(本体価格)著作・鎌 富志治(かま としはる)詳しくは

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« いさと 市川  ビンテージ... | トップ | 大川や 九段  亭主が変え... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
宮崎に・・・ (花まき)
2007-08-03 15:36:58
行きたい!
と、思いました。
鴨南蛮2300円のお店ってそうそうないですもん。
鴨焼きで食べたいと言ったら却下されちゃったけど(笑)

お侍さんのお蕎麦!! (がじゅ。)
2007-08-03 16:49:58
お話聞くほどに興味湧くお蕎麦。
いつも素晴らしき和菓子こしらえるお侍さん、お蕎麦もきっと!!
色々なお話あってよ、とっても楽しかった。
夢八さんいっぱい話題を出してくれるもんで、お話聞いとるがじゅもわくわくなるさ~!!
「六本木ヒルズ」貴重な体験したしよ。
素敵なカフェにも興奮やったさ。あは。
棒付きお砂糖は飴よにいただいてまった!!
いつも同じ言葉しか無しけんど、幸せお時間ありがとなのね。
宮崎くらい、なんとも無い人います (夢ハ)
2007-08-03 21:56:27
はぁ、はぁ、はぁ・・
花まきさん、
あれは、断った感じでは無かったようでしたけど。
きっと、びっくりしたんでしょう。
そんなこと言う人、いないですもん。

宮崎遠いな、
でも、小マメさんなら、パッと行くかな。
侍蕎麦は、シャープかな (夢ハ)
2007-08-03 22:00:46
侍は、どんな蕎麦打つんだろう?
まだ、オヤジさんのお手伝いくらいなのかな。
聞き忘れてしまった。

がじゅたん、あの飴は儲けたね。
でも、かなり甘かったでしょう。

また、楽しい蕎麦会やりましょう。

コメントを投稿

麻布・六本木・赤坂・白金周辺・千代田区」カテゴリの最新記事