蕎麦の散歩道

美味しい蕎麦と、楽しい食の道を歩む。

ふく庵 門前仲町  CPのお手本を見に行った  

2018-09-10 10:42:46 | 天ぷら

食べ仲間からの情報で天ぷらのコースが3500円、これは一度行きたいと、
3人で出かけた。
あの「みかわ」で8年過ごしたというからそれなりの技術があるのだろう。
食べログの点数はそんなに高くはないが、ネットの評判はいい。
だが、天ぷらをコースでそこそこ食べたいとするなら、8000円から12000円、
普通はそんなところだろう。
従って、予約も結構とりづらくて、一番空いている月曜にした。

青海苔酢



海老がきた。胡麻油を強くして、かりん、と揚げてあった。



頭はさらにかりかりに揚げてあって、歯当たりが強い。これらは塩でいただく。

きすの身は厚みがあった。


墨烏賊


旬の茗荷

稚鮎



大葉に雲丹を挟んであげてあった。

茄子

アスパラとしいたけ

しゃこ



最後には掻き揚げおじや。

カウンターで店主の手並みを見ながらの天ぷら屋ではない。
テーブル席がメイン。この日はテーブル席に11名、カウンターに2名の計13名。
3500円のコースを効率よく回すには15名は入れたいところだろう。
亭主一人の揚げでは、やはり、天ぷらの揚げ方にもカウンター式とは変えないと
この人数を捌ききれないかもしれない。

食材も小さめにして、人数をこなすには揚げ時間を稼がなくてはいけないだろう。
CPを価格で見るか、質で見るかは難しい。質を取れば、修業先に客が
流れるのは目に見えている。
思い切った3500円であることはよく分かった。

江東区富岡1-22-26 杉田ビル2F. 03-5646-6365


http://diamond.jp/category/s-sobaya

手打ち蕎麦屋のオーラを味わう
http://diamond.jp/category/s-soba

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 二代目太郎 新小岩  あの... | トップ | 鳥屋 心人  赤坂  繊細... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

天ぷら」カテゴリの最新記事